久万高原ヒルクライムのデータを分析してみた

( )内は事故前の元気な時の数字

平均出力239W(久万高原のコースなら280Wぐらい出せるはず)

LSD並みのパワーでした。

最大心拍数:190bpm(180ぐらい)

平均心拍数:184bpm(175ぐらい)

最低心拍数:179bpm(165ぐらい)

最大心拍数が実測値197なのに、190まで上げてしまったのは明らかにオーバーペース。

あるいは最大酸素摂取量が減って、心臓がそこまで動かざるを得なかったのか?

平均ケイデンス61rpm(58ぐらい)

脚が回りすぎ。踏んでも進まん、つまりパワーが落ちていた。仕方なく脚が勝手に回ってしまったみたい。

1週間休むと持久力は落ちるという実験データは見たことがある。半月休むと持久力は強烈に落ちた。

瞬発系人間の経験上、瞬発力は短期間では落ちないけど、短期間では上がらない。

持久力を短期間で落とすのは簡単なのは実感できた。が、短期間で上げれるんやろか?

とにかく元に戻さんことには自転車に乗ること自体飽きてしまいそうなので、頑張るしかないのである。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック