時間の無駄遣い

今日は8時から17時まで休みなのに、事故関係の書類作りや手続きをやってて、無駄に時間を費やしてしまった。

昨日診察を受けた時に頼んでおいた、警察に出す診断書を受け取りに行って、内容を確認すると、ケガの原因が事故であることと、全治見込期間が書かれていないので指摘した。事務員が主治医に連絡して書き直すのを待たされた。

診断書は、提出先と患者が書いて欲しい内容を聞いて、必要と思われる内容が抜けないように考えて書くものであると思っている。この主治医への不信感がさらに増した。

そのあと警察に行ったが、全治見込期間の開始がいつからなのか、3通りに取れる文面(受傷日からか、退院日からか、診断書作成日からか)だったので却下され、病院に電話して書き直してもらうことになった。この医者、国語も苦手なようである。

現在は物損事故扱いなのだが、損害を受けた額を素直に払ってくれるなら物損事故扱いで許したろと思ってたけど、今すぐ払う金がない。保険にも入っていない。仕方なく僕が入ってる保険会社が損害額を立て替えて、相手に請求するという形で落ち着きつつあるが、「払えるかな?」などと訳のわからんことを言っている。

自分の過失で相手に二度と元に戻らないような障害を負わせておいて、払えるか払えんかはこっちの知ったこっちゃない。全財産を投げ打ってでも、一生を費やしてでも払わなあかんねん。

保険屋に任せれば200万程度で済むと思う。ゴネてこなかったら、その程度のはした金で許したろ思てんのに腹立ってきた。平均寿命程度まで生きるとしたら、あと40年、この障害を抱えて生きていかなあかん。それに対する賠償額は、本来なら1億でも気が済まんところを、B型の超適当さで、実際損害を受けた額だけで許したろと暗に言ってんのがわかっとらんようだ。

人身事故にするかどうかは被害者が選択できるのだが、自分の保険を使うとなると、人身事故にしておかないと後々不都合なことが起こり得る。人身事故にすると相手が重過失傷害罪に問われる可能性があるので、覚悟をしておいてもらうためと穏便に事を進めるために連絡した。

そしたら、「また連絡するからちょっと考えさせて」と訳の分からんことを言われて電話を切られた。こっちは「人身事故にする」と断言しているし、どうするかは、こっちの権利であることも明言したのに、何を考えることがあるんだろうか?拒否したって人身事故にするのに。間違いなく人身事故なんやから。

重過失傷害で罰金や懲役になったとしても(どうせ書類送検ぐらいやろうけど)、俺の残りの人生の苦痛に比べたら、屁みたいなもんやんけ!と思う。

それから、自分の保険会社に提出する書類作り。なんでこんなことに時間取られなあかんねん、この分の金くれよ~と思いながら、仕方なく書いた。

今日は本来なら9時間の自由時間があったはずだが、実際、自由なのは2時間ぐらいしかなかった。時給1万換算で7万よこせ!と思っている。

ママチャリであちこち移動して35㎞ぐらいは走ったが、トレーニングやダイエットのためにチャリに乗る気は完璧に失せた。

今日は休養日。

【追記】

夜に電話したら、相手は、昼間はなんのこっちゃわかってなかったみたい。「人身事故にする」というのもあまり意味が分からんかったらしい。ごめん、↑書きすぎた。

でも書いたことはなるべく消さない主義だから残しとく。

それにしても、メシ食って、体元気で、何も辛い症状がなくて、運動せんでもええのって楽やわ~

腹ブヨブヨやから下向くのがちょっとしんどく感じる時があるけど。

こんなの癖になったら、タダの中年太りオヤジになってしまうので、今日だけのご褒美にしとく。

本日の体重60~62㎏ぐらいを変動中。朝の体脂肪率は8.8%。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック