無残

昨日まで食いまくってやったので、体は超回復?状態。

今朝は明日の朝練に備えて体力温存。

時間があったので、ゆっくりサカタニ滝谷駅前店へ。

いつもなら、なかもずから20分で着くのだが、今日は力を抜いて走っていたので25分ほどかかってしまった。

あまり時間がなかったので、土曜のトラブルなどの話を少しして、職場に向けて走っていた。

裏道を通ってサカタニ本店の前の通りに出る。

本店の前は激坂である。

アウターロー(61-28)で上ろうとしたけど、脚にダメージを残したくないので、本店の前を通過する直前にインナーに落としたらチェーンが落ちた。

止まろうとブレーキを掛け始めると、ほぼ同時に後輪がロックしてスリップ。

「チェーンがどこかにかみ込んだか?」(←年に何回かあること)と思って見てみると、RDが上を向いているやんけ!インナーギアとクランクアームとチェーンステー辺りでゴチャゴチャと絡まった経験はあるが、こんなのは初めて。

よく見ると、ハンガーが曲がり、テンションプーリーのプラスチック部分がなくなり、ベアリングだけが残っていた。

ゲッ、どうしよ?と思いながら歩道に入って、まず曲がったハンガーを真っすぐに伸ばそうとすると簡単に折れてしまった。

↓こんな無残な姿に・・・

Photo

↓こっちも無残(因みに、SRAM REDのRD。全損じゃなくて良かった)

Rd

そうこうしていると、社長が本店から出て来て、話を聞いてくれた。合うハンガーがあれば、プーリーを購入するととりあえず普通に乗れるのだが、探してくれたけど結局合うのがなかった。

仕方ない、シングルギアで行くしかないかと思い、チェーンカッターを借りて61-21のシングルにした。全停止時間15分。いつも始業30分前頃に着くようにしているので良かったが、ギリギリだと遅刻である。

走ってみると、ダンシングなら軽く激坂も上れるし、平地も驚異のケイデンス80ぐらいで30km/hぐらい出る。まあ、帰りに17~18km走るだけなら、これでええやろと思い、しばらく走るとリアでチェーンが小さいギアに移動してしまう。61-21だとチェーンが斜めにかかっているから当然か・・・と思い、仕事の合い間にインナーとアウターを逆付けしてみた。これでチェーンラインがほぼ真っすぐになった。

Photo_2

これなら普通のシングルギア風に走れるだろう。

Photo_3

帰り道はほとんど上りがないので、チェーンカッターを持っていれば、61-17ぐらいにしておけば、発進時以外は楽に走れるのだが、ないものは仕方がない。計算してみると、30km/h出すと61-21でケイデンス81rpm、61-17で65rpm。直感でギアを選択したら大きく間違えた。ケイデンス一定で走る人なら、大体どれくらいのギアがいいか考えなくてもわかるのだろうが、アウタートップ派の僕には全然わからんのである。

帰りは高ケイデンスの練習に決定!まあ、ケイデンスで走ると心肺への負担は増えるが、脚の筋肉の負担は少ないので、結果的に良かったのか?

でも、今日は脚休めの日なので、30km/h以上出す気はない。メシをしっかり食ってて30km/hって、ただのノロノロ走行だから、心肺や筋肉への負担がどうこう言うレベルじゃないんだけど。

 

ところで、昨日は予想通り夜の食事会で食いまくり、帰宅時は61kg近くまで増えてしまった。朝起きたら全身むくみまくり。水太りがメイン、次にカーボローディングによる筋肉の重量増と腹の中の未消化物の重量。しかし、脂肪も間違いなく増えているはず。吸収阻害剤を飲みまくったので、500gぐらい増えただけだと思われるが・・・

昼に無理矢理トイレで出してみたら、油が大量に出た。霜降り黒毛和牛の焼肉を1kgぐらい食った時と同じくらいの油の量であった。昨夜は、みんなそれなりに金を持ってるから高めの店で上品にやるのかと思ったら、長老(と言っても50代)が連れて行ってくれたのは、行き当たりばったりで見付けたごくありふれた居酒屋。最近は自転車乗りとばかり飲んでいるから、あまり運動しない人の少食さにビックリである。飲めて話ができたらどこでも良いのだろう。自転車乗りのように食うのが目的ではないみたいな感じだった。

みんなビールをメインにしているみたいだったが、僕は食いたいのである。酒は嫌いである。だからほとんど一人で食い物を注文していた。脂っこい物と食物繊維を控えめにし、炭水化物とタンパク質をしっかり摂取できるようなものを注文したのだが、こんなに油まみれだったとは驚きである。油を多くすれば旨味が増す(正確に言えば、不味さをごまかせる)。居酒屋はこんな手を使ってるのか~と感心した。

この記事へのコメント

  • いなちゃん

    アルミは戻らないですよね…ボキっていっちゃう。それにしてもσ(^ ^;)にはキッツイギヤ比です。いや、それよりも霜降り黒毛和牛1kg…うらやましい…
    2011年11月12日 22:01
  • レッド

    いなちゃんさん

    アルミでも少しぐらいなら戻りませんか?よく知りませんが。まあ、あれだけ曲がってたら折れますね。予想はついても、こういう場合、まずやることは、「曲がりを元に戻せたら戻す」なんですよね。

    僕は小さいギア比が苦手なんですよ~
    人それぞれ好みがありますけど、元々瞬発力の人間なので、ゆっくり1回1回大きいパワーを掛けるのが得意なんでしょう。

    黒毛和牛は、毎週日曜に安売りしている近所のスーパーのものですよ。特別な時には上等なのを買いますが、普段食いたいだけ食うための黒毛和牛は100g500円程度なんです。1kgで5000円。一人で黒毛和牛の焼肉屋(比較的安値の店)に行けば10000円オーバーしますので、それを考えると安い安い!
    2011年11月14日 13:25
  • レッド

    ↑そうそう、最近の肉のトレンドは、もっと近所にある24時間営業のスーパーの100g108円のオーストラリア産カタ薄切りなんです。黒毛和牛とは全く別の食い物ですが、これがなぜか美味いし、脂身がほとんどないのです。貴重なタンパク源になってます。
    2011年11月14日 13:27
  • 徵信社

    良い意見、共有するためのおかげで
    2011年11月28日 23:00

この記事へのトラックバック