えっ!

画像が見にくい時は、クリックしたら拡大します。

その①

たったの2週間、貧血と低タンパク血症を治すべく、タンパク質と鉄を摂りまくっただけやのに、この回復力は何?

Cbc
貧血は治りました。

ここには写ってないけど、網赤血球は0.6%で正常。赤血球増産体制に入っている訳ではなさそう。もっと前に回復していた可能性がある。

前回が水膨れ、今回が脱水というなら話は別だが、起床時の浮腫の程度と尿量から判断すると両検査日の水分量に大差はない。

 

Photo
TP=総タンパクは、5.5→6.4へ。総タンパクの正常値は6.5~8.5だが、元々グロブリンが低い性分なので、以前からこの程度の値で問題ない。元に戻っている。アルブミンは正常値が3.3~4.7のところ4.6もある。低タンパク血症(というか、低アルブミン血症)も治った。

その下のBUN(尿素窒素)が少し高いのは以前から。腎臓が悪いんじゃなく、タンパク質の食いすぎ。この前の結果を知ってから、1日130~200gぐらいのタンパク質を食ってやったから。

 

その②

SRAMには180㎜のクランクはないと思っていた。REDの180㎜が欲しいが生産していない。FORCEにもない。REDのBB30用の180㎜があれば10万でも買いたい。先週か先々週頃、CRCでREDの180㎜がないかいなぁ~などと物色していたら、180㎜のRIVALを発見。さらに、ちょくちょく利用しているマイナーなイギリスの通販業者では、APEXの180㎜を発見。日本のサイトには書かれていないが、本国サイトを見るとRIVALとAPEXには180㎜が存在した。Wiggleにはそんなもん売っていないし、売ってたとしても高い。

飛び付いて両方買った。昨日RIVALが届いた。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5
RIVALのくせに765gしかない。重いのはわかっていたが、79デュラの180㎜、53-39が689g、50-34も689gである。76gしか差がない。この程度の差なら許容範囲。自転車の軽量化は趣味の一つであるが、こだわりのある部分は多少重くても心地良く走れるものを使っている。その方が速く走れる。サドルとか、ハンドルとかもそう。RIVALは一応練習用のつもりだが、使い心地が良かったら決戦用にする。

お値段は↓

Crc
デュラの1/3の値段。APEXに至っては11000円台。

APEXも間もなく届くだろう。

「えっ!」は以上でおしまい。

 

今日は朝から入院したA病院でMRI撮影、そのデーターを入れたCD-Rを買って、信頼する脳外科医がいるB病院の脳外科受診。郵便局で入院保険金の請求をしようと思ったら、腕の裂傷の縫合が手術とみなされるかもしれないというので(手術扱いになれば15万入ってくるが、診断書が必要)、A病院に診断書の用紙を届け、

車の中で眠っていた3本ローラーをママチャリに積んで当直先に運び(自宅用のはもう一個あるので)、

3

当直先から固定ローラーを家に運んだ。

Photo_6
↑これが「静かさ」を売りにしている、ミノウラのV270(やったっけ?適当。貰い物なのでよう知らん。)。これしか使ったことない人は静かに感じるのかもしれないが、ELITEの同じくらいの価格のローラーに比べると明らかにうるさい。

固定ローラーでミノウラかELITEかで迷っている人達、静かさを求めているなら絶対ELITEです。断言します。専用タイヤじゃなくてもほとんど減りません。僕はELITEではCloserを使ってました。

そしてローソンに当直用の晩飯を買いに行って、すぐ当直先へ。今日も休みじゃなかったような感覚。

明日は、静かなELITEの固定ローラーを職場に運ぶ。

自転車も置いときたいけど、どないしよ?まだ考えてない。

この記事へのコメント

  • たか

    クランク長の好みは人それぞれだと思いますが、180mmは長いですね。
    レッドさんの身長って何センチですか?
    前のネタにある体重55kgとかだと、170~175cm位かなとは思うんですが。
    僕は173cmで172.5mmを使っています。
    個人的には回転型じゃないと思っているので、長めでテコの原理を利用したような感じと思っています、自分では。
    2011年11月30日 22:28
  • レッド

    たかさん

    180㎜を使う人が少ないので、ラインアップされてないんでしょうね。
    僕の身長は168.2㎝(サバ読みなしです。高3の時の最大値から1.5㎝縮みました。)

    僕も回転で走るのは苦手なんです。ケイデンス75が精一杯ですし、長続きしません。快適なのが60弱。だからテコの原理を使った長いクランクを好むんだと思います。170㎜→175㎜→177.5㎜→180㎜と段階的に長くしてきて、180㎜が一番快適なんです。180㎜でもまだ短いかなと思ってるんですが、これ以上長いの売ってないんですよね~
    一般的にはケイデンスが低いと筋肉が疲れるらしいですが、僕は逆で、スーパーロングを走る時は、できるだけケイデンスをゆっくりしますし、疲れてきてスピードを落としたくないときはさらにゆっくりになります。
    加速するときも、一般的にはギアを軽くしてる人を多く見かけますが、僕はギアを重くして加速する派なんですよ。
    つまり、乗り方が基本から外れまくっているのでしょう。

    初めの頃は↓ここをある程度参考にしました。
    http://www.geocities.jp/resultri/crankcho/index.html
    180㎜は計算上、一応許容範囲内なんですよ。
    2011年11月30日 23:50
  • たか

    ケイデンスを上げるのが一般的ですね。
    アームストロングは高回転だそうです。

    クランク長は個人の感じ方で違うのでしょうが、レッドさんの身長とクランク長には差がありますね。
    ケイデンスも凄く低いんですね。ビックリです。
    かなり特殊な体なんですね。このブログを読んで参考になる人は少ないのでは(爆)
    僕もケイデンスは90弱が精一杯です。

    ところで、レッドさんは大台ケ原で優勝する力の持ち主って事は、全国紙にも出ているんですよね?
    サイスポや月刊バイシクルなどに。
    2011年12月01日 08:34
  • レッド

    たかさん

    プロ並みに速くなりたければ、ケイデンスを上げた方がいいんでしょう。ケイデンスは関係ないですが、アームストロングも大腿四頭筋が発達していたので、初めは前乗りだったそうです。それを矯正してさらに速くなったんだとか。大腿四頭筋が強いと、前乗りで低ケイデンスの傾向があるんじゃないかと思います。

    まあ、乗り方に関しては真似する人はまずいないでしょうし、参考になる人もほとんどいないでしょう。自分でもそう思います。だから、低ケイデンス・長クランクなどは人には勧めてません。何事も試してみないと分からないと思うんですが、お金がかかることですしね~
    持久力云々については、きちんとした書物に書かれていることを述べてますし(半信半疑のネット情報なら、注意書きを付けてます)、トレーニング内容なども、一応上手いこといってるので、チーム員の一部は良いところだけ参考にしてくれてるみたいです。

    ヒルクライムではメジャーレースで2回優勝(昨年の富士ヒルクライムとツール・ド・美ヶ原)してますが、雑誌等は読んでないので、出てるかどうかわかりません。昨年惨敗した乗鞍(40歳台7位)では、チームの集合写真が載ってましたが、個人で取り上げられたことはないと思いますよ。
    2011年12月01日 13:11

この記事へのトラックバック