2日連続オフ

昨日はオフ。

土曜日の寝る前に腹の中のものを一掃してやろうとコーラックを飲んでいた。普段なら下痢気味になる程度で、(レース前に全部出すために使う)ミルマグに比べたら効果は遥かに弱いのだが、自転車に乗る前日に内服するとえらいことになるので、基本的にオフの前日にしか飲まないことにしている。

やることがいっぱいあったので、9時半に起きた。いきなり下痢。しかも腹が痛い。コーラックを飲みすぎたようだ。いつもは3錠のところ4錠飲んだ。下痢は夜遅くまで続き、前日食べた物も、当日昼に食べた物も原型のまま出てきた。

お陰で栄養不足。オフで体を回復させる予定が、あまり回復していない。タンパク質はほとんど流れ出てしまったようである。炭水化物だけは部分的に吸収されていたようで、カーボローディングはそれなりにされて体重は激増。今朝は61kgあった。完全にカーボローディングされると、今の体なら63kgぐらいにはなる。その日1日はほとんど腹が減らないし、大して食わなくても激しいトレーニングができるのだが、カーボローディングが中途半端だったようで、今日も激しい食欲に見舞われている。

大食いしても、走って消費できれば問題ないのだが、筋肉が回復していないので強度を上げれない。長続きしない。あきません。オーバートレーニング症候群になるのが怖いので、太るの覚悟で今晩も休みます。

覚え書き:帰ったらやること

 息子のロードのBBのベアリング洗浄。クランク交換。

 ママチャリのクランク交換。

 DT190ハブのベアリング整備(既に強引に分解してある)

 時間が余れば(多分余らないが)

  15T用RDの細工。

  ドグマの分解。

 

 

今年の夏は2年ぶりに沖縄旅行。昨年は息子が受験なので夏旅行には行かなかった。我が家定番の西表島に2泊と初めての小浜島に1泊。石垣はただの通過点。本島には全く興味なし。石垣は3年前と4年前に行ってるので、もうお腹一杯。西表は何回行っても飽きない。一昨年は8月の上旬に行って正味で4~5kg(体重ではもっと)太ってしまい、痩せるためにオーバートレーニング。そのせいで乗鞍で惨敗した苦い経験がある。今年は7月22日から3泊で行く予定。帰ってきて3日後に鳥海山に行かないといけない。激太りせんように気を付けよう。

昨日の14時からANAの旅割の先行予約があったのだが、一番早く売り切れそうな石垣→関空の直行便に照準を合わせ、予め入力項目を入力しておいて、14時0分0秒に検索ボタンを押したら、既に一番安いのは売り切れていた。旅行会社が買い占めているのだろうが、ちょっとひどすぎませんか?まあ1100円高いチケットは残っていたのでそれを予約した。一人25000円也。行きはANAの直行便だと時間が遅いので、那覇乗り継ぎの一番安いチケットを押さえた。8:00発にしたかったのに、既に売り切れ。8:55発しか残っていない。まあ、仮押さえなのでとりあえずはこれで良いのだが、乗り継ぐだけで32800円。直行便の一番安いのは23900円。8900円も差がある。なんでやねん!

そして今日11時に、JALのJMB会員のスーパー旅割の予約が解禁。JALのカードはクレジット機能が付いてないので、昨日の14時からの先行予約には参加できなかったのである。元々狙っていた関空8:00発の石垣行き直行便には十分空席が残っていた。ラッキーである。これでANAの乗り継ぎ便はキャンセル。夏休みなので割高だが、家族3人(息子は不参加)で石垣往復144700円で済んだ。一昨年は、直行便は中途半端な時間しかなく、行きも帰りも乗り継ぎ便だったので、227200円かかっている(大人3人と子供1人)。

あと、鳥海山は飛行機輪行するので、そのチケットも予約した。初めは、運賃の安い仙台まで飛んで、レンタカーで2時間以上走るつもりだったが、先日調べていたら、ANAは大阪-秋田便は昨年までなかったのだが、今年の6月からプロペラ機が飛んでるみたいで、ANAとJALどっちも運賃がそこそこ安いのがわかった。これで仙台から車というのは候補から外れる。昨日ANAで往復とも押さえた。時間も丁度良い。JALは今日11時に見たら、都合のよい時間は既に売り切れ。値段はほぼ一緒なのでANAでOK。昨年は頭のケガで参加できなかったが、先得割引を利用したにもかかわらず、往復52000円払っていた。今年は往復35000円である。この差は何なのだろう?一昨年は株主優待割引制度があったので、もっと安くいけたような記憶がある。JTBでチケットを買ったので記録は残っていないが、往復で25000円ぐらい(+株主優待券が3000円×2ぐらい)だった気がする。

この記事へのコメント