休養3日目

今日も電車通勤。運動しなくなって3日目。やっと筋肉疲労が抜けてきた。90%ぐらい回復。押して痛いところはない。外側広筋とヒラメ筋は押すとわずかに違和感がある。それくらい。

これは天下茶屋駅を出てすぐに追い越して行ったラピートを写そうとして失敗したもの。鉄仮面の顔を撮ったら、窓枠に隠れてしまって失敗。

Photo_5

寝不足が続いているので、昨日は軽くカーボローディングして(つまり、炭水化物の大食い)すぐに寝た。

その分は今日取り戻すつもりで。朝の体重は・・・忘れた。59.8㎏ぐらいやったと思う。今日は炭水化物も水も少なめ、体重は減って、筋グリコーゲンはちょうどいい具合に貯蔵されていると思う。

 

そして決戦用ドグマ。こんな重たいものを激坂を誇る美ヶ原に投入するとは数か月前まで夢にも思わなかった。

Photo

重量は6.00㎏。細かいことを言うと5990g台だと思う。この秤はほんの少し重く出るから。

Photo_2

昨日仮組したときは5.96㎏ぐらいだったけど、リアのシフトのアウターを少し長くしたので6㎏に到達してしまった。

重くなった主な原因は、第一にはこれ

Photo_3

フロントのチェーンリング。ヒルクライムで56を使うのは初めて。シングルギア以外で42Tを使うのも初めて。

第二の原因は、これ

Photo_4

SRAM REDの11-28。先日使った11-29の方がギア構成としては好みだが、剛性と変速性能を重視して、50g重いのを選択。それでも177gなんで、デュラの11-27より軽いんちゃうのかな?まあ、デュラに限らず、シマノのスプロケはSRAMに比べて変速性能が悪い(5速目から6速目へのシフトアップにもたつく)からレースには使わん。

あとは、ステムを11cmの-17°から13cmの-17°にしたので、126gから139gに13gの重量化。
 

プーリーも弄ってやった。前にも触れたが、ベアリングをオールセラミックのオイル不要タイプに上下ともしてやった。

ベアリングを抜いたところ。シール付が純正、白いのがオールセラミック。内径と外径は同じ。厚みが1㎜セラミックの方が薄い。

Photo_6

セラミックをまずはめ込み

Photo_7

蓋はそのままだと厚過ぎて、プーリーが左右にぶれるので、片方削った。

Photo_8

蓋をしたらこれくらいの隙間ができるのがベスト。これくらいにするとガイドプーリーにも使える。ベアリングは摩擦がなさ過ぎて、息を吹きかけると回る。

Photo_9

なんやけど、これは予備。これは、RIVALのミドルケージのRDに付けて、今より軽量化させて使うつもり。小細工が間に合わなかったので、今回はこれまで通りMTB用のXXで行く。

決戦用についているのは、ガイドプーリーが赤、テンションプーリーがゴールドである。

Rd

先日の突然の大雨で、シールなし・オールセラミックベアリングは水が入り込んでも使えるのがわかった。回転性能も落ちない。だから、当日は雨でもこれで行くつもり。念のため、シール付のセラミックボールベアリングタイプも2つは道具箱に入っているが・・・

この記事へのコメント