超超惨敗の美ヶ原

「絶不調でも入賞できるコース」と自信を持っていた美ヶ原なのに、結果は12位。原因が分かりません。

調整も上手くいきました。ホテル出発前で60.3kg。これは前夜の水分摂りすぎのせい。ウインドブレーカーと下山用合羽を上下着て汗だくになりながら会場で待機したので、少なくとも500gは減ってます。体重は予定より1kgオーバーだけど、こんなもんは30秒程度遅くなるぐらいで大勢に影響ありません。スタート前の心拍数も120と、結構気合いが入っている。

雨で、最後の4kmは向い風と気象条件は悪かったけど、まあ、このコースは集団で走るようなことはあまりないので、これは大して不利にはならないはず。抜いたいり抜かれたりはしたけど、誰に付くこともなく終始一人旅はいつものこと。でも、走ってる時も比較的調子が良く、優勝は無理でも3位ぐらいは堅いだろうと思えるくらいの走りでした。

ところが、携帯で速報をみると10位以内に自分の名前がない。呆気に取られましたが、これが現実。でも、敗因は分からない。タイムからすると遅かったのは明らか。普通に走ると、上位数名が突出していて、それ以降数秒~十数秒程度の差で続くというのが常。今回は、突出した上位から離れて、秒差の中に紛れ込んでしまいました。

原因がわからんのやけど、思い付くのは、

・隔週レースの最後で休養を沢山取ったので練習不足になっていた。

・気付かぬうちに精神的疲れがたまっていた。(肉体的な疲れは抜け切れていたはず。今日は絶好調やし。)

・回転部分はどこも異常なし。今朝チェックしたらベアリングは全てよく回っていた。

・一番怪しいのは、ブレーキシューがリムに当たっていたかもしれないこと。

  普段のレースではブレーキなど掛けないので、ブレーキがギリギリきくかきかんかぐらいまでキャリパーを開いてからスタートする。でも、昨日は雨で下りコーナーもあって、ブレーキを使うかもしれないから、しっかり使えるような位置に調整してからスタートした。KCNCのブレーキは、デュラみたいにしっかり固定されていなくて、走行中の振動で勝手に左右に動く。しかもちょっとネジが緩んでいるのに気が付いていたが、締める工具は既に下山用荷物の中に入れて預けてしまった。まあ大丈夫だうと思っていたが・・・

今朝ホイールを水で洗浄し、乾かしてみるとフロントホイールの右側に砂を噛んで擦れた筋が数本ぐるりと付いている。それは、ブレーキシューの先端の位置にピッタリ一致している。レース中にブレーキは何回か掛けたが、ほんの一瞬だけ。しかもリアメイン。フロントをフルブレーキしたのは、ゴールラインを越えてからの1回だけ。会場までの移動と下山は前後ともアルミホイールにしていたので、こんなブレーキ痕が付くということは・・・・・・・・

超不甲斐ない成績だったのは仕方ないが、原因がわからんのですっきりしない。そんなレースでありました。

 

チームメイトでは、のぞみ1号さんが9位入賞、ジムでよくお話をするMTBクラスで出場の梶原さんが6位か7位で、メージャーレース念願の入賞。まあ、よう練習してはりますから。のぞみさんはよく入賞してるので、当然と言えば当然。梶原さんの入賞は嬉しかったなぁ~

梶原さん、優勝するなんて大口叩いといて12位なんて、「また脳が潰れるような事故したんか?」と思われるようなしょうもない成績でごめんなさい。もっと気合い入れて練習しまくります。

そう言えば、事故後半年ぐらい匂っていた異嗅症(というのかどうか知らんが、何も匂うものがないのに変な匂いを感じる症状)が、1週間ぐらいから運動中に現れるようになった。嗅覚障害が少し悪化したのは理解できるが、それだけなんか?脳に異変が起きてないか、ちょっと気になる。

 

入賞圏外だったので、表彰式に出なくてもいいのでサッサと帰れて、これはとても嬉しい。帰り道は予想どおり眠たい。帰り道400km中、草津JCTの渋滞が始まるまでの約300km、ほぼずっと半居眠り運転。体中シバき倒して目を覚まさせるが、すぐに寝そうになる。止まって仮眠を取ろうとすると眠気が吹っ飛ぶ。困ったもんだ。草津まで来るとあとは京滋バイパス、第二京阪、近畿道、阪神高速と走り慣れた道ばかりなので、帰ってきた気がして眠くならない。一人で行くと、そこまでが大変なのよね~

梓川SAと駒ケ岳SAでドカ食い。他にも眠くてたまらん時に何度もPAに止まって、美味そうなものがあったら食ってやった。

食ったもので覚えているのは、まず、ゴールでトマト5個、ペプシ1本、下山して、豚汁、佐世保バーガー大、チョコチップ入りアイス2個、梓川SAで古代米五平餅、ソフトクリーム2個、駒ケ岳SAでおやき5個、ソフトクリーム2個、ソースかつ丼1人前、小牧近くのPAでシュークリーム2個、帰ってから、シュークリーム1個、ご飯500gぐらい、おかず色々(揚げもの系など)、箱入りアイス1箱、ハーゲンダッツのマカデミア4カップ、爽のヨーグルトっぽいの2カップ、アップルデニッシュ2個、お手製コーヒー牛乳500cc。他に、ダイエットコーラはレース後から寝るまでに少なくとも3リットルは飲んでいる。お茶も1リットル以上は飲んでいる。帰る途中にもっと食った気がするが、眠すぎて全部は覚えていない。

そして昨日の瞬間最大体重は66.5kg。吐きそうなくらい食ったった。今朝はまだ64.2kgもあったから、結構なもんである。職場到着時で62.9kg。でも、メニューを見てみると、大概は炭水化物と水分。今日中に60kgを切るだろう。

この記事へのコメント

  • せ~ら

    あきませんでしたか~残念でしたね~
    原因がよく分からないのも難儀ですね。
    結局乗りまくるしかないんでしょうか。それって時間かかるのよね。
    まあ、楽して速くなろうと思うのが、間違ってるんでしょうが..

    ところで、2013年のマドン7のスペック見られました?むっちゃ気になってます。
    フレームのみで750gだそうです。あの剛性のまま750gになったとするとかなりいいんじゃないでしょうか。2013年モデルはいろいろと目移りしそうですわ~(買う買わんはおいといて^^)
    2012年07月02日 21:12
  • 梵天○

    レースお疲れ様でした!
    並びに色々、お話頂き最後まで本当に有難うございました。

    私もREDさんはてっきり入賞しているものと思い込んでおりました。
    ここ1,2ヶ月のレース参戦で目に見えない疲労!?が溜まっていたのでしょうか・・・

    私は自分としては上出来のレースだったのですが、トップとの差が5分以上と知って愕然です。

    また鳥海山でもお世話になると思いますが、是非宜しくお願いいたします!
    2012年07月03日 06:59
  • へたれ

    おはようございます。
    レースお疲れさまでした。

    レース前、お話し出来て良かったです。
    勉強になります。

    不調の原因が分かったら、是非教えていただきたいと思います。

    私も、あまりいい結果ではなかったのですが、私の場合、原因はトレーニング不足と分かっているので、簡単です。もっともっとトレーニングして、少なくとも優勝宣言出来るくらいの実力を付けていきたいと思っています。
    2012年07月03日 08:51
  • レッド

    せ~らさん

    ん~・・・ホンマに難儀なもんです。あんなに自信満々でしたのにねぇ~
    ただ、上位3人とのタイム差はひどすぎます。どう考えてもあり得ないです。風(吹いたり吹かなかったりしてたそうです)や渋滞(出走時間が遅くなるほど渋滞がひどくなるので不利)の影響があったとしても1分程度のもんでしょうから、トップの牛丸さんから3分差以内ぐらいで走らないとダメですね。

    あかんかったもんはしゃあないです。3年前みたいに、長居公園を走りまくっていた頃のように走りまくってやります。運動前はメシも食います。現状維持はできても、強くなろうと思ったら食って強度を上げんと無理っぽいです。長居はスピードが出せないので、堺浜を本拠地にするか、激重のタイヤを付けたMTBで長居を走るか、3本ローラーを回しまくるかのどれかですね。固定ローラーは僕には向いてないのでダイエット目的以外ではやりません。

    マドン7見ましたが、軽さは正直どうでもええんですが(最近は数百gの差は気になりません)、快適性も重視してるのが僕の信念に反します。やっぱり重くてもドグマですよ。自分の脚質に合ってるのも確認できてますしね。それと、マドンは、シートポスト、ブレーキ、BBの互換性のなさも、細工リストにとっては非常に厄介です。2013年もフレームを買うなら、65.1にしとくと思います。
    あと、F1も有効利用します。そこそこ剛性が合って、フレーム+フォーク(BHの)で1100gってのもかなりバランス的にはええんじゃないでしょうかね。
    2012年07月03日 13:13
  • レッド

    梵天〇さん

    下山中はずっとお話相手になっていただいてありがとうございました。
    11位と12位、ギリギリ入賞を逃した同士、なんか趣がありましたね。本文にも書きましたが、6位以降ぐらいからは秒差じゃなかったですかね?こういう実力が中途半端であかんのですよ。もうちょっと速くなって頭一つ抜け出さないと。と自分にも言い聞かせてます。
    梵天〇さんは長距離ヒルクライムでも成績が上がってきてますね。鳥海山ではそろそろ入賞も狙って行ったって下さい。

    トップとの差は今回は置いときましょう。梵天〇さんと同時スタートの佐藤さんが11分台ということは、気象条件がかなり悪いタイミングに当たったんだと思います。特に最後の4kmで逆風。自分らのことは置いといて、牛丸さんと佐藤さんが4分も差が付くのは普通考えられませんよ。

    次の鳥海山ですが、優勝する自信は全くありませんが、優勝したいですね。ゴール前まで集団だと思うので、スプリント勝負かな?あるいは、少し手前で仕掛けたもん勝ちか?梵天〇さんもゴール近くまでは一緒に走りましょう!そこからはガチンコ勝負です。
    2012年07月03日 13:27
  • レッド

    へたれさん

    いや、蔵王といい、今回の美ヶ原といい、全然ヘタレてないじゃないですか!入賞おめでとうございました。タイムもなかなかなもんですよ。まだお若いですし、まだまだ速くなりそうですね!

    レース前には話しかけていただいてありがとうございました。次は鳥海山?自転車弄りに興味がおありなら、僕の秘伝(自分だけの秘密の数々)を授けましょうか?鳥海山だと結構時間的に余裕があるんですよね。

    不調の原因は・・・
    やっぱりなんぼ考えてもブレーキシューがリムに当たっていたぐらいしか思い付きません。少しの練習不足でここまで落ちることも考えにくいですし。もう少し考えてみて、原因がわかったらブログで報告しますわ~

    お互いガンガン練習してもっと強くなりましょうね~!!
    2012年07月03日 13:34
  • たかひろ

    レースお疲れ様でした。
    思わしくない結果で残念ですが、次への意気込みにプラスと考えていきましょう!
    ヒルクライムは組でのスタートだと、気象状況が同じでないので風の影響等もあるんですね。
    マラソンのように一斉スタートで1番にゴールした人の勝ち
    が分かりやすいですね。

    今回のレースの原因がハッキリ分かるとイイですね。
    2012年07月04日 09:13
  • レッド

    たかひろさん

    原因は、はっきりしませんが、もう一つ疑わしいことを発見しました。もうちょっとあれこれ探ってみます。
    人数の多いヒルクライムだと、何組かに分かれてしまうんです。
    数百人が自転車に乗って一斉によーいドンでええと思うんですけどね。下手をしたら40代だけで1000人を超えていることもありますので、最後尾になると動き出すまで数分待ちとかになるんでしょうか?でも、必然的に速い人は前に陣取りますし、実績のある人は出遅れても割り込ませてくれます。
    出場者が100人程度なら一斉スタートですよ。
    それより、ただの完走目的の人や遊び気分の人らを、優勝狙いの人達の前に何千人と先に走らせるのは勘弁して欲しいです。自転車で坂道を上る「レース」なのに、この前の美ヶ原なんか、スタートして1kmも進んでないのに大勢が押して歩いてるんですよ。ここの坂が急なのは最初からわかっているはず。坂を上れんなら出場するなと思います。こういうお遊び気分の人らが邪魔でたまりません。
    この辺を配慮してくれているのは、Mt.富士ヒルクライムだけなんですよね。
    2012年07月04日 19:24
  • たかひろ

    1番スッキリしてるのは一斉スタートですね。
    しかし、山道で狭いしのぼりで自転車だと転倒に巻き込まれたとすると嫌ですね。

    公平に過去3年以内のタイムを基準にスタート位置を決定するといいかなと思います。
    過去の実績がベースにするのが1番!

    実績のない速い人はレースで実績を作ってから優勝を狙えばイイ。
    速い人が同じ組みでスタートした方が面白いと思うんですがね。
    2012年07月04日 20:46
  • 河合

    遅くなりましたが、美ヶ原お疲れ様でした!

    状況から見てブレーキが引き摺ってしまっていた可能性濃厚ですね(汗)
    また、一斉スタートでないレースは気象条件や先頭グループのメンバーによって
    かなり有利、不利の差が生じるのでそこも難儀な所だと思います

    しかし、機材、体調、モチベーション、その辺りの条件を万全に揃えて
    レッドさんの型に嵌めてしまえば、前述の差など関係無い位に強いですから
    次回戦は条件が揃って実力を存分に発揮し、優勝される事を願っております!
    2012年07月04日 21:47
  • レッド

    たかひろさん

    今年から、JCAが主催する全日本ヒルクライムシリーズ(蔵王、美ヶ原、鳥海山、乗鞍)は、ネットタイムでの順位付けになったみたいなんです。スタート位置より少し先にスタート計測ラインがあり、そこからゴールまでにかかった時間を測るんです。だから、一斉スタートで何の問題もないと思うんですよ。どうせ速い人らは前を陣取るので。

    過去の成績でスタート位置を決めるのには賛成です。ネットタイムでの順位付けなら、後方からのスタートの人にも不公平感がないから、よりいいですよね。
    それと、速い人はみんな同じ組でスタートするのも大賛成。別々にスタートすると、結局個人TTになることが多いし、速い人が何人か集まった組が有利なのは明らかです。公平を期すためにも、これは是非実施して欲しいです。
    と弱気なことを言ってますが、個人TT状態でもブッ千切れる実力を付けたらええんですよね。そうしますわ~[E:happy01]
    2012年07月05日 12:31
  • レッド

    河合さん

    先日は電話で愚痴を聞いて頂いてありがとうございました。

    敗因を色々考えてみてますが、かすかな可能性として、サドルが過去3回のレースより3~5mmほど高かったというのがあります。でも、サドル高は直前に乗ってみて、一番力が出そうな所に合わせるので、その時々で1cmぐらいは上下します。多分これは遅かった原因じゃないでしょうね~

    やっぱりブレーキでしょう。激坂を上り切るまでのタイムは昨年とほぼ同様、その後少し平坦区間がありますが、そこの急カーブで一度ブレーキをかけました。このときにキャリパーがずれたんでしょうね。そこから上り区間終了までの間に、昨年より3分ぐらい遅れています。昨年より力強く上れたつもりだったのに。最後の平坦区間は昨年とほぼ同様。向い風が多かったけど、190mmクランクでパワーアップしたのと、所々でブレーキをかけたので、ブレーキの接触が解除されたのか、昨年より30秒程度の遅れで済みました。クランクが長い分、下りの高速コーナーでクランクを回すのは怖いので脚を止めましたが、最高速は昨年とほぼ同じ66kmm/hを出してます。
    つまり、最初の短い平坦区間でブレーキがリムに当たり、上り区間が終わってからそれが解除された。というシナリオを考えてます。
    結局負けたらしゃあないんですけど、自分が弱ってるんじゃないというのがわかったので(レース後も調子がいいので)、あまり不満はないです。これからも一生懸命やりますよ~
    2012年07月05日 12:46