Restart

一昨日、「しっかりメシを食って・・・」と書いたんやけど。

美ヶ原が終わって昨日までの4日間、食事制限を解除して普通に食って、運動は軽くした程度。

すると、体重が63~64kgで安定してしまいました。多分これくらいが本来の体重なんよね~

脂肪増としては1kgぐらいのもんやから、レース前の体重は、無理に何kgも減らした異常な状態なんやと思う。実際、塩分カットして貯留水分を減らし、下剤で腹の中のもんほとんど出してしまって、以後は食物繊維を極力食わないし、グリコーゲンも水も必要最低限まで減らして、4kgとか5kgとか落としてるから。

こんな状況やから、しっかり食ってしっかり運動するのはやめにしました。そういう練習はシーズンオフにやることにして、今はベースの体重をなるべく落とすことが先決かな。

その日の運動に必要な炭水化物を摂って強度は上げるけど、日常生活は糖新生で賄う。筋肉を減らさないように1日150g以上タンパク質を摂る。脂質は極力摂らないけど、必須脂肪酸はしゃあないから摂る。

という方針。今までとどこが違うかと言うと、①脂肪燃焼量のことは考慮せず、運動前や運動中に炭水化物と摂って、平均的に強度を上げる。②フラフラになりながら心拍数120までも上げれないような低血糖状態で何時間も走り続けるのは時間の無駄なのでやめる。という程度。

ダイエットRestartです。

  

小細工のお話

昨日は本業も当直もお休み。完全休日。こんな日は天気が良くても自転車には乗らない。休日に練習などしたくない。暖かくて天気が良い日は小細工日和。

一昨日は自作カーボンサドルのレールを作ろうと構想を練っていたけど気が変わって、C-C380mmのカーボンハンドルをカットして繋いで外-外で約38cm、C-Cで353mmにしてやりました。これは一昨年、決戦用に使っていたTIOGAのカーボエルゴロードというやつ(このリンク先の楽天ショップで、今と全く同じ値段で買った)。当時、ハンドルに2万も出すなんてすごい奮発したつもりやったけど、今では「2万って安いやん」と思ってしまう。金銭感覚がおかしい。このカーボンハンドルは、カタログ値185g(400mm)、実測値213g(380mm)のハンドル。本来なら最低1か所。無難にやるなら2か所のカットで済むところ、内部構造を見たかったので6か所カットしました。切断部をつなぐのにカーボンと樹脂を多めに使ったし、仕上げにUVカット樹脂も塗ったけど、仕上がりは200g。下ハンの一部をカットした分が10~15gぐらいなので、ほぼ重量変化なしとなりました。もう1個同じのがあるので、左右2か所カットで軽量化にチャレンジします(中央1か所カットはちょっと怖いし、微妙なサイズ調整も必要なのでやらない)。現在の決戦用の3TのErgoNova LTDが一応38cmということやけど、ブラケット取り付け部分のC-Cは36cmなので、ハンドル幅は大差なし。ErgoNovaは3本あるけど、実測重量は171~174g(カタログ値未満)なので、昨日作ったのを決戦用にすることはないけど、もう1本のハンドル幅を34cmぐらいに狭くして、ErgoNovaよりも軽くなったら決戦用に使うかもしれない。しかし、ErgoNovaの2本は下ハンをカットして160~165gぐらいになっているので、ちょっと無理かも。なんでErgoNovaより軽いErgoSumを使わないかというと、38cmのラインナップがないからです。

とりあえず練習用ハンドルが1本できて満足。C-C38cmじゃ幅が広すぎて、ものすんご~~い違和感があったので使ってなかったのです。

この記事へのコメント