旅行前にプチ断食

今度の日曜と月曜は淡路島に旅行に行きます。

自走で淡路島を2周しに行くのではありません。珍しく車です。さらに珍しく自分のエルグランド登場。自転車は2台、MTBのシートポストにフロントバッグと同じのをくっつけて荷物をたっぷり積める仕様。前後で50リットルほどの容量になります。それと嫁のミニベロ。南あわじ市は結構アップダウンがあるので、荷物は全部MTBに積み込んで30kgの重量負荷かな?カロリー消費の助けとします。普段はフロントバッグとダイナパックデラックスのフル装備で25kgなので、+5kgぐらいにはなるでしょう。

南あわじ市に泊まるので、4月に2周したときに食ったジェラートと、大鳴門橋が見える道の駅でオニオンビーフバーガー、プレミアムバーガーといのぶたバーガーを食わんとあかんのです。というより、旅行先を淡路島にしたのはそれが主目的。嫁は写真撮影にハマっているので、撮影スポットの多い淡路島の南部ということで利害が一致。淡路ビーフバーガーは500円もしたけど200円程度の味だったのでパス。あれから半年、異臭症(存在しない匂いを感じる症状)が影をひそめ、味覚も落ち着いてきたので、もう一度賞味しに行くのであります。そうは言っても、潰れた脳が生き返る訳でもなく、頭蓋底から引き剥がされた嗅神経が元に戻る訳でもなく、匂いに鈍感、匂いの区別がつきにくいのは変わりません。無臭にならんかっただけましでしょうか。

匂いのことは置いといて、大食いするので、前もって体重を減らしとかなあきません。旅行の2週間後にはレースがあり、斜度が10%近い。重いと絶対勝てません。あまりやる気はないけど、出るからには勝ちを狙いに行かないといけません。

が、ここ半月ほどはほとんど60kgを下回ることはありません。軽く大食いすると65kgオーバーしてます。この前の日曜には久々に66kgオーバーしときました。

レースまでには58kgにしたい。しかし、旅行で1~2kg脂肪を増やすのは確実。現在レース前のような食事調整をすれば、おそらく60~61kgぐらい。1~2kg増やして62~63kg。そこから2週間で58kgまで減らせる訳がありません。

ということで、旅行で太る分、前もって痩せておこうと思います。木金土3日間で減らせる脂肪量の限界は1.5kg。1500~2000kcal摂取の4時間走行を続けて消費カロリーが5500kcalぐらい、脂肪が500gぐらい減る計算です。でも、貧血や低タンパク血症にはなりたくないので、タンパク質摂取は180gを死守せねばなりません(今は240g以上摂取を死守しております)。筋肉を落とさないように生きてるだけで、タンパク質180gは必要。緩い運動を4時間追加するとなると、炭水化物は200gは必要。脂質は20gで耐える。サプリは250kcalぐらい。

ざっと計算すると、180×4+200×4+20×9+250=1950kcal

これでギリギリか・・・

筋肉と赤血球が多少減るのは覚悟して、タンパク質は120gに抑えて3日間だけ頑張ってみるのも一つの手。タンパク質も食いすぎるとエネルギーとして使われるので、その分燃える脂肪が減る。それなら少し足りないくらいでもええかもしれません。でも、空腹に耐える自信がないので、久々に食欲抑制薬に登場してもらおうかと思ってます。

因みに以前やってた滅茶苦茶なダイエットでは、タンパク質も脂質もほとんど摂らず、動けなくなったら炭水化物を補給する程度。そら低血糖発作も起こすし、筋肉も激痩せするし、貧血にもなりますわ。

 

 

全然関係ないけど、昨日は「上げない日」の予定でした。ずっとLSDのつもりやったのに、朝昼と堺浜手前までは順調やったんですけど、堺浜手前の阪神高速湾岸線下の交差点で赤信号で止まっていたロードがおりました。抜いたら刺激して、抜き返されて、また抜き返して逃げてという展開になるのはわかっているので、敢えて前に出ずに、ゆっくり信号が青になるタイミングで交差点手前に差し掛かるように行くと・・・

点滅ライトで気付かれてしまいました。加速するときに体を起こしまくってダンシングして必死で逃げ始めるので、「こいつは速くないな」などと思いながら、100mぐらい離れて追いました。それにしても、なんでゼロ発進でダンシングする必要があるんでしょう?街ではよく見かけますが不思議です。一瞬ダンシングするのは理解できるとしても、5秒以上も続ける意味が分かりません。まあ、とにかく、その人の後ろをずっと付かず離れずで追いました。あんまり速くないけど、遅くもない。どっちかというと持久系かな?空腹の上、慣れない後ろ乗りの練習をしていたので、追いかけるにはちょうどいいスピード。心拍数は160ぐらい、平均出力は200W程度。1周追い掛けて、信号が赤になったのでUターンして一人で逆回りで1周、またUターンし、あまりにも腹が減ったのでパワーバーを1個補給し、食後の一服をしてたら、その人が追い越して行きました。そしてまた追いました。1周半追いました。そろそろ抜いたろかと思って、封印していたDHバーを持って前乗りに変えて、加速し始めてしばらくすると、逆回りしていた河合さんから声を掛けられ、おしまい。その後は河合さんのブログの通り。ええ運動になりましたが、休むべき日に上げてしまったので今日はダメージが甚大。疲労で体中こわばって、食いすぎで腹がパンパンで、飲み過ぎ(アルコールちゃうよ)で浮腫みまくって、更に動きにくさに拍車がかかり、疲れすぎと睡眠不足で、体がタンパク質と炭水化物を要求しまくるのに逆らえず、1日中食いまくってダラダラ過ごしました。2年前は毎日上げまくっても平気やったのに、最近2日続けて上げるとダメージが大きくて体が言うことを聞きません。43歳と45歳ではこれほどまでの差があるとは・・・

老化に反抗しようと頑張ってるけど、なかなかの強敵ですわ。

この記事へのコメント

  • せ~ら

    さすがのレッドくんも寄る年波には勝てない?
    まあ、そう仰らずに。
    気持ちの持ちよう次第で、まだまだ大丈夫ですよ。
    確かに回復は遅くなるので、運動後のクールダウン、ストレッチが大切になるんでしょうね。
    私はめんどくさいので、ほとんどやりませんが...
    2012年10月18日 20:51
  • レッド

    せ~らさん

    長居公園を走ってた3年前が懐かしいですよ。あの頃は一晩寝たら回復してましたからね。
    でも、老化はどんどん進んで行くものなので受け入れないといけません。受け入れた上で、強度を上げた練習時間を減らしてもレベルアップできる方法を画策してます。せ~らさんは機材についてはご存知ですよね。ですが、やっぱり一番大事なのはエンジンなのです。只今エンジンのチューンアップ中です。
    大体力尽きるまで走るので、クールダウンは自然にできてますが、ストレッチは半年前まではやってなかったですよ。最近は整骨院の先生に勧められてやってます。右足の痺れが減って、翌日も筋肉の張りとか痛みはマシなんです。でも、年寄りになると芯からの疲れが取れないですね。
    2012年10月18日 23:07