2×3速のママチャリ

フロントを2速化した内装3段ママチャリ。写真を撮ってみました。

レンズが傷だらけの古い携帯で撮ったのでボケボケですが。

 

チェーンは夢屋の9速用CN-YM81  

アウター56

インナー39(Q-RINGSだと、トルクを掛けたときクランク1回転につき2回チェーンが歯飛びするので、APEXの39Tに変更)

FDはRIVAL

Fd

 

フロントのシフターは79デュラのTT用。この位置が一番変速しやすい。

ブレーキレバーは補助ブレーキ用。MTBのブレーキレバーも実はこれ。V-ブレーキもディスクブレーキもこれを使うと調整がシビアになるけど、小さくて使い勝手が良くて付け外し簡単で、何より特筆すべき点は軽い

赤いのはビニールテープ。ロードじゃバーテープやブラケットカバーが無くても手が痛くないし滑らないけど、アルミのブルホーンハンドルは硬くて細くて滑るので無いと困る。

Photo

 

ハンドル回り

フロントはペダルを回してないと変速できないが、リアは内装3段なのでペダルを止めていないとシフトダウンできない。坂を上ってる時に軽くしたい時に非常に不便な構造。

奥にある緑のママチャリは3×9速化したやつ。職場でのローラー用。

Photo_2

 

蔵王でDOGMAに付けたアルミハンガー。純粋なアルミなので、もう折れそう。一応カーボンで補強したが、このママチャリ専用のハンガーをアルミ合金で作り直す。

フロントシングルで使用していた時のリアの16Tは、すり減っていたようで、チェーンを円型にしてもトルクをかけると時々歯飛びするので、余っていた14Tを削って10速チェーン対応にした。けど、2つ歯が少ないだけでえらい重くなり、10%を超える坂はシッティングで上り続けるのは辛かった。ダンシングだと全然普通に上れるけど。2×3の6速にしたけど、ギア比をみるとと4速と変わらない。やっぱり16Tが良かったので、近所のママチャリ屋に注文中。

RDはTIAGRA、何速用かは知らん。

Rd

NEXUS INTER3のギア比は、Wikipediaによれば、

  • 1速 0,733→14Tは10.262T、16Tは11.728T
  • 2速 1 (直結)
  • 3速 1.360→14Tは19.04T、16Tは21.76T
  • となる。
  • 以前、どこかで見た数字は1速が0.75、2速が1、3速が1.25だったような気がするが、記憶は定かではないので、Wikipediaが正しいんだろう。
  • 6速のギア比を大きい順に並べると、

    5.46≒61-11T相当

    4.00≒53-13相当

    3.80

    2.94

    2.79

    2.05≒39-19T相当

    間の4つは2速とかわらない。ギア比5.46は大好きだが、2.05はちょっと重すぎる。

    この記事へのコメント