今月の走行距離・時間

走行距離 1975.29km

走行時間 86時間15分36秒

3本ローラー 調査中。多分2,3時間?

固定ローラー 0分

今月はレースがなかったのに、これだけしか走ってません。(※レースがあると直前に数日休むため走行時間が減るから。)日曜と水曜は大体オフにしているので、自転車に乗るのが楽しかった頃に比べ、100~150㎞×8~9回=800km~1350kmぐらい、走行距離が短くなっている。まあ、ダイエットばかりしてエネルギー切れで夜9時頃には帰宅するパターンが多いし、以前なら日が変わる頃まで乗っていた休みの前日も同様。嫌々乗っている割にはよう走っている方でしょうか。

 

韮崎 甘利山ヒルクライム仕様のFELT F1ができあがった。

5kgをわずかに切っていた、あざみライン(富士山国際ヒルクライム)とほぼ同様なんやけど、なぜか5kgをオーバーしている。5.1kgぐらい。フロントシングルQ-RINGSの42Tを使った乗鞍よりは数十g軽い。今回はSRAM RIVALの39T。この重量差だけ(クランク本体はRED。あえてRIVALのチェーンリングを使う意味は・・・REDの39Tを出してくるのがめんどくさかっただけ)。

あざみと比べると、スプロケで30g、ステムで20gぐらいの差はあると思うけど、ハンドルで20gほど取り戻してるし、この100g程の差は何なの?あの時のホイールはライトウェイトやなくて、EDGE1号やったっけ?それでも50gの差。残りの50gはどこからやってきたんだろう。フレームの中に水でも溜まってるんやろか?誰かがこっそり錘を張り付けたとか。

ところで、2012年モデルのREDスプロケ XG1090やったっけ?正式名はちょっと忘れたけど、11-28で157g、11-26で147g。一方、旧タイプのOG1090は11-28で177g、11-26Tは忘れたけど、160g台やった気がする。レース結果に影響の出る重量差じゃないけど、軽いとなんか嬉しい。

一昨年決戦用に使っていた、変速性能最悪のRECONのチタンスプロケ。11-27Tは170g台やった気がする。もしかしたら150g台やったかもしれない。REDより優位な点は何もないので、今後は普段用に使うかもしれない。デュラはもうちょっと重かったと思うけど、変速はRECONよりはマシ。使ったことがあるスプロケの中で、シマノとスラムで使えるスプロケはREDが一番変速性能が良い。シマノ純正はデュラでもアルテでも105でも、4枚目と5枚目あたりのシフトダウンがもたつくのが嫌い。変速系がシマノでもスラムでも同じ。デュラは11速になったみたいやけど、そんなにいりませんやん。理想の歯数は11-13-15-17-19-21-24-27。これだけあればどこでも事足りる。10速もいらんのです。8速で十分なんです。

この記事へのコメント