勝手にエントリーされとるがな

箱根TOYO TYRES ターンパイク 気ままにサイクリング大会の出場者リストが公開されていました。

出場者リスト

梵天○さん、河合さん、TAKEちゃんがチャンピオンクラスに自動的にエントリーされております。

びっくりしました。

我が、ロードレーサーC(41~50歳)は、何と何と、600人もエントリーしております。

びっくりしました。

因みに、ハチ高原の男子Cの完走者は58名、関東から近い甘利山でも116名。首都圏からの交通の便がいいからでしょうか?とは言っても、メジャーレースで上位が獲れそうな人の人数はハチ高原や甘利山の方が多い気がします。乗鞍は別格ですが、次に規模の大きい富士ヒルでも、超小規模のダルガ峰でも自分の順位はそう大きく変わりません。ヒルクライムレースって、出場人数はあまり関係ないんですよね。速い人はあちこち出まくるから。

ざっと見たところ、それなりにやる気があるときの体重(59~60kg)で、ええ勝負できそうな人が4名(見逃しはあるかもしれませんが)。しかし、只今の体重は62kg。これだけで1分~1分30秒遅れるのが決定しています。明日の夜なんかに食いすぎたら64kgぐらいになってるかもしません。しかも自転車は剛性のないBHウルトラライト。これで30秒~1分遅れぐらいか?ホイールはLightweightじゃなくてEDGE。個人的にはLightweightの恩恵は軽さとカッコよさだけ。ホイールではタイムの遅れなし。以上で、1分30秒~2分30秒遅れ。

なので62kgでも5位以下確定!下手したら10位にも入れんかもしれん。まあ、昨年7月の頭蓋骨骨折・脳挫傷のダメージが残っているときとは言え、乗鞍33位、赤城山34位(やったかな?)という素晴らしい戦績があるので、それ以上の順位なら心のダメージはありません。怪我する前は、2桁順位なら自殺もんやと思ったけどね~

 

とにかく、サイクリングではいろいろ試したいことがあるので試してきます。特に、斜度のきついところでブラケットを持ってダンシング。心肺が持てばダンシングを多用してサイクリングしてきます。あと、斜度のきついところでシッティングでケイデンス50rpm維持とか昔みたいなことやってみます。

昔の乗り方を取り戻すため、今年の標準よりサドル高を2cm上げました。クリート位置を1cm後ろ寄りにしました(元に戻しただけ)。ダンシング風シッティングのスーパー前乗りで大腿四頭筋だけで、ケイデンス40台とかも試してきます。来シーズンに活かせる何かをつかんでこれたらラッキー。

これで入賞できたら尚ラッキー(ないない)。

 

多分優勝は、埼玉のS木さんでしょう。

もしかしたら、サイクリング気分でも、のぞみ1号さんなら入賞できるんちゃうやろか?

この記事へのコメント

  • せ〜ら

    例の栗村監督の本、私も買いました~。
    トレーニングについての具体的な方法論より、どちらかというと読み物的なおもしろさがありますね。

    フレームについても、個人の好みがあり、剛性ガチガチなのがあう人と、しなってバネ感のあるフレームの方があうという人がいるとの事。BHは後者よりのフレームなのかなと思うと、そのしなりも「あり」のように思いました。
    ただ、乗ってみんとそこのところが分からんのが難点ですね。
    2012年11月30日 17:31
  • S木でーす

    そんなにプレッシャーかけないでください。
    40代には、レッドさん本人や、のぞみ1号さん、I岸さん、富士国際チャンピョンクラス49分で走ったN場さん、岐阜のK山さん、神奈川のHT野さん等々強豪ぞろいです。
    自分も龍勢ヒルクライムレースが終了し、体重増加・気力低下とやる気が・・・の状態です。
    皆さんとお会いできる事を楽しみに参加したいと思います。よろしくお願いします。
    2012年11月30日 18:28
  • レッド

    せ~らさん

    栗村監督の本、仰る通りで、読み物として面白いですし、プロの監督としての立場から「十人十色」と言っているのがとても説得力があって、僕は気に入りました。その監督の指導する選手たちは、今年の個人ランキングで結構上位に入っているのも興味深いんですよ。

    僕がTeamRED'S号をDOGMAよりも上と評していた頃があるように、フニャフニャフレームでも、そのしなりが自分の力の入力のタイミングに合えば、結果を出せるんだと思います。ターンパイクはTeamRED'S号を使っていた頃の走り方でやってみますので、しなりのタイミングがドンピシャなら、もしかしたらもしかしますよ~
    あ~でもやる気ないんですよね~
    2012年11月30日 20:41
  • レッド

    S木さん

    いや、プレッシャーじゃなくて本気で思ってるんですよ。
    龍勢の結果も見ました。負けたのがT田さんで差が1秒未満だったでしょ。
    それだけやれる人なら、多少太ったって大丈夫ですよ。
    H田さんと同僚と言うところが、ものすごい強みでもあります。H田さんはU〇さんとともに40代のトップ2ですからね。
    N場さんは見つけられませんでしたが、I岸さんには勝てる力は十分あると思ってますよ。
    N場さんの速さは、昨年と今年のあざみの結果でしか知らないですが、悪くても3位入賞できるんじゃないですか?頑張ってくださいね。

    お会いできるのを楽しみにしております。
    僕はレース中もレース後も(あ、間違い!「サイクリング中もサイクリング後も」でした)着膨れしてるので、見付けやすいかもしれませんよ。
    2012年11月30日 20:51
  • TAKEちゃん

    エントリーリスト見てみましたが本当ですね(笑
    辞退のメールは送信したはずなんですが・・・
    あわいちに行くんで参加しないですが乾友行さんとか、どんな走りをされるのか気になりますね
    私も栗村修さんの本購入しました!ぼちぼち読んでみます!
    では、箱根がんばってください!
    2012年12月01日 06:24
  • 梵天○

    ヒェ~エントリーされてますね!折角、電話で丁重にお断りしたのに意味ないですねー…

    レッドさんは何だかんだいっても、いつもしっかり結果が残せてますので、今回も期待してます!(笑)

    今日は今から菰野ヒルクライムの試走に行って参ります!
    2012年12月01日 06:38
  • レッド

    TAKEちゃん

    土曜やと言うのに早起きですね。
    断ったんですね。それならリストから抹消すればええのに…
    TAKEちゃんなら、今後チャンピオンクラス上位レベルの走りを見る機会は多々ありますよ。
    アワイチの方が大事です。寒いですけど、厚着してシューズとカバーの間にカイロなどを入れとくとそれなりに暖かいですよ。楽しんできてください。

    僕はホンマにあきませんねん。ハチ以上にやる気なし。やる気がなくても軽ければええんですが、メッチャ重いから頑張っても速く走れませんねん。
    2012年12月01日 07:45
  • レッド

    梵天○さん

    梵天○さんもお断りしてたんですね。見た目のエントリー数を増やしたかっただけなんでしょうか…
    この寒いのに菰野ヒルクライムの試走ですか!そういうところ、見習いたいです。僕は出るかどうかわかりません。今年の反省を踏まえ、来年はレースの数を絞り込もうと思ってるんですよ。

    箱根サイクリングはホンマのホンマにあきませんよ。自作の食物繊維を含まないダイエット蒸しパンが効いたのか、今朝は60kgを下回っておりますが、今晩、のぞみ1号さん達とガッツリ食ってしまったりしたら元通りです。
    万が一、体重が61kg以下なら、ちょっとだけしんどいサイクリングをしてみようかなと思います。練習をさぼっていたので休養は十分で、フルパワーで臨めるとは思うんですが…
    2012年12月01日 07:53