一つ書き忘れた

ターンパイクサイクリングで使う自転車はBH ULTRALIGHTなのは昼に書いたんですが、へたれさん(乗鞍B 1位の人)のブログを読んで、チェーンリングのインナーをQ-RINGSの39Tにしたのを書き忘れてました。

オリジナルのレッド乗りでは、3時半辺りで最大のトルクがかかり、あとはその補助。だから、強めのトルクがかかるのは2時から5時くらい。5時から7時も後ろに蹴りだすような力を加えますが、トルクとしては弱い。11時から2時には踵を落として前に蹴りますが、もっと弱いトルク。

結局、2時から5時にめちゃくちゃ力を入れてあとは惰性で戻ってくる感じなのであります。この力の入れ方はQ-RINGSの1番のポジションにするとぴったりハマるのです。3本ローラーを回すと、調子の良い時は、右で踏み込んでは車体が前に揺れ、一旦後ろに下がり、左で踏み込んでまた前に揺れる→戻るというのを繰り返すのであります。ところが、最近はトルクの入力範囲を広くしたせいか、瞬間最大のトルクが小さくなってしまったようで、この1回転で2回揺れるのを感じませんでした。以前は強烈にトルクを掛けると勢い余って前に落ちてしまったこともあります。

まず、3本ローラーで試すべきでしたが、全然やる気が出ず、全く練習せずだったので、サイクリングでぶっつけ本番です。ハマれば速く走れる。今まで通りの走りなら撃沈。

ということが予想されます。

それより来シーズンに向けて、全然合わなかったO Symetricの42Tを付けて練習するのもいいかもしれません。でも、アウターは持ってないのよね~買う気もないし。

インナーはO、アウターはQでやってみましょうかね~

詳細は箱根サイクリング終了後に考えます。U〇さんの逃げに付いていけるトレーニングも強化します。ダラダラ走と気の向いた時だけの全力疾走を練習のメインにしていると、人のペースに合わせることができません。これがこの冬克服すべき課題。

と言うことはなにか?Sakataniの朝練でトップ狙いするのが、かなりええ練習になるんちゃうん?でも寒いのはイヤやから、自分一人でやる。冬は朝練に行かんと決めたのだ!!

この記事へのコメント