2008年夏

高山に家族旅行に行きました。川遊びをしました。

昨日、家のpcのHDDの容量がいっぱいになってきたので、いらんもんを消したり、別のHDDに移動したりして整理をしていると、古い画像データが出てきました。その中に2008年の写真。

ガリッガリに痩せてました。当時、嫁に筋肉標本と言われてましたが、ここまで痩せてたとは・・・

当時は、自転車なんぞ滅多に乗りません。移動は車。自転車で5分のジムに行くのも車。もちろん通勤も車。

運動は週2回、1回辺り30分の筋トレと、1時間のランニングをする程度。

メシは、朝は牛乳たっぷりの自作のコーヒー牛乳、昼間はカフェオレ系の缶コーヒー2、3本。固形物は食わない。夜はな~んも気にせず普通に食う。外食は週2回程度で、内1回は焼肉腹一杯。但し、間食はしない。

昼間は空腹に耐えつつ、時々糖分を補給し、夜にガッツリ食う。そんな感じの生活でした。

体脂肪率はジムで測定すると5~6%ぐらい。この年の年末に人生最低の体脂肪率3.9%を記録しています。でも、筋トレしていたので、上半身の筋肉は今よりも随分多く、体重は57~58kgと今と大して変わりません。

自転車にハマったのはこの年の10月下旬であります。

きっかけは、前にも書いた通り、泉北1号線(制限60km/h)へ100km/hぐらいで合流、直後に右車線に進路変更しつつ120km/hぐらいまで加速したら、左斜め後ろで赤色回転灯発見!フルブレーキ!でも間に合わず。

覆面って、「同じ車線を走って300m追走しないと捕まえられない」というデマを20年間信じ続けてきて、それが都市伝説であったと知り、このままじゃ免許なくなると思ったからであります(当時は、スピードを出さないという選択肢はありませんでした)。覆面は86km/hやったか、そのくらいでメーターを止めてくれてましたが。

それから自転車通勤が始まりました。

そんなことはどうでもええけど、「あの体に戻りたい。」と強く思った昨日でした。

ちょっとダイエットのやり方を考え直してみましょう。

この記事へのコメント