ツール・ド・八ヶ岳

今回のレースに関係なく、「ヒルクライムレースの一般カテゴリに出てくる全国の40代で、自分の調子が良くても勝つ自信がない人を挙げなさい」と聞かれたら、

佐藤さん、牛丸さん、池岸さん、袴田さん(年齢順)の4名を挙げます。

もう一人挙げるとしたら、乗鞍と美ヶ原ぐらいしか一緒にならないN澤さん。あまり一緒に走らないので、強いのは確かですが、実力は未知なところも多い。鳥海山キラーのI井さんは強そうですが、鳥海山はコースと気温が特殊なのでようわかりません。あと、一緒のレースに出たことのない関東のT田さんも速いという話ですが、ようわかりません。

N澤さんを除く4名が一堂に会した今回のツール・ド・八ヶ岳(昨年もそうでしたが)。

まず結果から見てください。

Dsc04465_800x600

最初に挙げた4名と自分を含めた5名が5位以内に名を連ねています。6位の岡さんも僕の体重が重ければ負けることがあります。7位以下の方々は全く存知上げません。

 

レース前日の土曜日の朝。前夜、肉と米をしっかり食ったのに体重は55.5kg。順調な仕上がりです。

早朝に地震があって電車が止まってたので、せ~らさんとの待ち合わせが予定通り行かなかったけど、予定より30分遅れぐらいで出発できました。

今回は、休憩を多めに取ろうということで、養老SA、内津峠PA、駒ヶ岳SA、諏訪湖SAに寄る予定が、僕が居眠りをしていたせいで、せ~らさんが気を利かせてくれて駒ケ岳SAはスルー。先週はめっちゃ睡眠不足続きで眠くてたまらんかったんです。

いつもなら、恵那峡SAで五平餅と牛串焼きだけ食っておしまいのところ、3か所も止まったのと、体重がいつもより軽いので気が緩んでいたのと、睡眠不足のため食欲を抑制できなかったので、五平餅3本、おやき3個、牛串焼き3本(ぐらいやったかな?)、飛騨牛コロッケ1個を食ってしまった。せっかく塩分を控えてきたのに、これだけ食うとかなりな塩分量。どれくらいあるかわからんけど、500g~1kgのウォーターローディングになったはず。無駄な体重増加です。

現地に着いて、受付を済ませた後もコンビニに行って、ロールケーキ1切れと、同じような系統の洋菓子を1個買って食いました。これはナトリウム量の少ないのを選んだのでOK。

18時から夕食。夕食は出されたおかずは全部食べるけど、ご飯はおにぎり1個半分ぐらい(約150g)でやめとくことが多いのに、今回は調子に乗ってお茶碗山盛り1杯と普通盛り2杯。大体600gぐらい食いました。おにぎり6個分相当です。

それでも、過去10日間の朝の最大体重は、ドカ食いした翌日の58.2kg。そんなに滅茶苦茶食った訳じゃないので、57kgぐらいには収まるだろうと思っていたら、夜には59kgぐらいになっていました。やばいやばい。

まあ、食ってしもたもんはしゃあないんです。その分パワーが出るかも?と思いつつ寝ました。

朝起きたら58.0kg。自作のクッキーを食って、朝食のおかずだけ食って、出すもん出して57.9kg。

昨年の乗鞍と同じ失敗をまたやりました。記憶は定かではないが、乗鞍では前日朝54.8kg→当日朝58.6kgと大増量をやらかし、1時間切りを諦めたのでありました。

しかし、これでも近年稀に見る軽さなので、良しとしときましょう。塩分は水を引き込んで、あっという間に体重を増やしてくれるから怖いんですよね~

 

僕は相変わらずアップをしません。無駄なエネルギーを使いたくありません。宿からスタート地点までメッチャゆっくり上っていきます。大勢に抜かれまくりですが、それでええんです。

スタート地点では、まず岡さんにお会いしてご挨拶。

下山荷物を預け終わったら、スタート位置を示すプラカードを持った人が出てきたので、男子Fの先頭付近に移動。最前列に池岸さんを除く今回の上位5名が勢揃い(池岸さんはいつも通り3列目辺りにおられます)。牛丸さんも僕のことを覚えてくれたみたいで、いろいろお話させていただきました。牛丸さんは身長も体重も僕とほぼ同じ、自転車の重量もほぼ同じ。ホイールもLightweightのオーバーマイヤーで同じ。勝つか負けるかはエンジン次第やな~と思いました。

 

そしてチャンピオンクラスがスタートしてから10分後にスタートです。

国道299号線を麦草峠まで西に向かって上っていくコースですが、天気予報が大当たりでやや強めの西風(向かい風)がゴールまで吹き続けてました。

牛丸さんが先頭に出てガンガン引いてくれます。最初は見知らぬ方々が前に出たりもしてましたが、牛丸さんのペースに付いてこれず、あっという間にどんどん人数が減り、残ったのは袴田さん、佐藤さん、僕の4人だけ。袴田さんは牛丸さんにぴったり付いています。その後ろに佐藤さん。僕は4番手。前に出ようにも速すぎて付いていくのが一杯一杯でした。しばらくすると佐藤さんが袴田さんから少し遅れ始めたので、僕が3番手に上がりました。その2、3分後ぐらいでしょうか?僕もヤバくなってきたので、付いて行くのを諦めました。差は徐々に開いていきます。そして2人は見えなくなりました。(池岸さんはいつもあとから追い上げてくるタイプなので、先頭集団にはいません。)

が、ちょっとだけ強度を落としたので回復。持続可能な最高のペースで2人を追いました。コースの半分ぐらいのところで袴田さんを発見。牛丸さんは見えません。袴田さんに追い付き、「牛丸さんを追いましょう!」と声を掛けましたが、いつもの袴田さんじゃない。ダウン寸前のような表情、視線は返してくれましたが、声が出ない様子。仕方ないので、一人で追います。「牛丸さん待て~」ってな感じで。ゴール後に聞いた話ですが、袴田さんもペースが速すぎて付いて行けなくなって、ちょっと休んでたところで僕が追い付いたそうです。

向かい風の中の一人旅は非常に厳しい。誰か付いてきてくれる人がいないかな?なんて甘いことを考えますが、誰も付いてきません。引いてくれる人も勿論いません。できるだけ前傾姿勢をとって進みますが、風がすごいです。しんどいです。心が折れそうです。

ハーフコース通過時のタイムが43分6秒でした。昨年の優勝タイムは袴田さんの40分少々、かなり不調だった7位の僕が41分台だったので、風の影響がどれだけ強いかわかります。

その後も向かい風と戦いながら終始一人旅、平坦に近い区間で誰かが後ろに付いた気配を感じましたが、1分もしないうちにいなくなりました。

ゴール500m手前まで牛丸さんの姿は全く見えず。見えたのはゴール前500mを過ぎた時、ゴールしてUターンして帰ってくる牛丸さんでした。

この時間差から、1分以上離されたのは分かりましたが、3分25秒も離されていたとは・・・

もうお手上げです。

3位の袴田さんも僕より1分遅れ、4位の佐藤さんもさらに1分遅れ、このお二人がこんなタイム差がつくのは珍しいです。牛丸さんのペースに乱された結果なんじゃないでしょうか?

恐ろしや~牛丸さん

現時点では全く歯が立ちません。

さあ、どないして勝ちにいこか?この人に勝たんと美ヶ原と乗鞍では優勝できへんのですわ~

結局はエンジンのパワーアップしかないんやけどね。

 

リザルトがもう出てました。

僕は総合で23位でした(オープン参加を除く)。

 

心拍データです

Photo
3km付近で心拍数が175まで上がってるのは、牛丸さんに付いていくのが限界になったときです。

後半心拍数が落ちているのは、脚が売り切れかけていて心拍を上げるほどのパワーを出せなかったのだと思います。昨年の大台ケ原のような感じ。

なんぼ水を溜めこんでいたと言っても、平均心拍160はちょっと低いかな?せめて平均165ぐらいで走っとかなあきませんね。人のペースに合わせるのって難しいです。

ここのコースの実測距離は23.8kmでした。まあ、ほとんどインばかり走ってたので、多少短くはなりますが、公称の25kmというのはちょっと長めに言ってるんやろなと思います。 

はい、時間切れ。

ゴール後や表彰式などのことは、また明日。

 

そうそう、大事なこと書き忘れ。

今年はSakataniメンバーの多くが伊吹山に流れ、かなり少人数での参戦となりましたが、我がチームのリーダー カツさんは超練習不足にもかかわらず男子D5位入賞。さすが遅筋だらけの男!

女子ではユカチェラーラが女子A4位入賞しました。

弟子のF井さんは10位。残念でしたが、次頑張りましょう。

この記事へのコメント

  • 鍋谷スト

    お疲れ様でした!そして準優勝おめでとうございます‼
    流石のレッドさんでも牛○さんには敵わなかったのか…とブログ内の心拍データを見てビックリでした。平均心拍が160とは…
    レースに『たられば』はないですが、やっぱり思ってしまします…レッドさんがご自分のペース配分で走られたら…と。
    やはり、レッドさんは恐ろしい人ですねf^_^;
    2013年04月15日 19:58
  • uekawa

    上位は激戦ですね~。僕も少しでも近づけるよう頑張りますわ。今まで自転車の練習量が少なかった分、伸び代はまだあると思ってるんですけどね。。。まあ、どうなるかやってみます。
    2013年04月15日 21:19
  • yasu

    お疲れさまでした。
    そして準優勝おめでとうございます。
    牛丸さんってよくお名前を聞くのですがほんとバケモノのように強いですね。
    私の中ではレッドさんもバケモノ級に強い人ですが牛丸さんはさらに別格ですね。
    よくレッドさんが関東の40代は強いと言われてますが今回のブログでさらに伝わって来ましたよ。
    今回の八ヶ岳の話はカツさんから聞いていたので牛丸さんのこのタイムは目を疑いますね。
    強い人と走って それを肌で感じてそれに挑まなければ次のレベルアップにはならないのですね。
    私はメジャーレースは出たことが無いですがこちらでもトップのイ人とのレベルの差を感じているので
    今年は少しやり方を変えてレベルアップしようと考えてます。
    でも最終的には、やはりエンジンの強化ですね。
    日々精進します。
    2013年04月16日 09:12
  • レッド

    鍋谷ストさん

    ありがとうございます。
    乗鞍で牛丸さんに負けた時は、それほど大きな差は感じなかったんですが、今回は絶望的な差がありましたよ~冬場のトレーニングの質の違いなんだと思います。僕はダイエット、ダイエットって、そればっかり考えてやってましたからね。

    確かに自分のペースで走ってたら、2分ぐらいは縮められたかなと思いますが(袴田さんも佐藤さんも同じように思っているんじゃないでしょうか)、3分は無理ですね。ちょっとオーバーペースになると脚が売り切れるのは、最近ロングを走ってないのが原因なんだと思います。休みが潰されるので嫌なんですが、ロングもいかんとあきませんね。追わんとあかんところで失速してたらお話になりませんわ~

    ところで、僕はそんなに恐ろしいおっさんちゃいますよ~
    鍋谷ストさんも僕の思想を受け入れてくれたら、同じぐらいのレベルにすぐ到達できるんじゃないかと思います。ただ、今はお体の方が心配ですよね~
    僕は専門じゃないので全然わからんのですが、当直先にある本でその病気のことを調べてみたんですが、さっぱりわかりませんでした。
    2013年04月16日 11:48
  • レッド

    uekawaさん

    あんまり伸びんといとくださいね。大台は年代別優勝させてくださいよ~
    今でも、ニノシェでuekawaさんとでるさんに置いていかれたトラウマは消えてないのに、もっと強くなられたら困りますやん。
    2013年04月16日 11:51
  • レッド

    yasuさん

    伊吹山2位おめでとうございます。AZEさんは強かったですか?

    牛丸さんはバケモンレベルですね。さすがにずっとチャンピオンクラスで上位に入り続けてただけのことはあります。
    昨年から一般クラスに下りてこられたのは、歳をとったからだとご本人から聞きました。でも、あの走りは48歳の走りじゃありませんよ~参ってしまいます。

    yasuさんも奥さんにお願いして、メジャーレースにいくつか出てみませんか?強い人らの走りを見たら、もっと速くなること間違いなしですよ。
    我が家では、子供が小さい頃、お互い何かやりたいことがあるときは、交代で子守係をやって、結構自由時間をもらってましたよ。そんなやり方受け入れてもらえませんかね?

    あと、歳をとっても体力を維持するための僕の考え方なども、またお話したいです。朝練もたま~には顔を出しますので、その時にでも。
    練習方法もいろいろあるし、計画を立てたって、体重調整や体調、自由時間などとの絡みもあるし、なかなか思い通りにはいかんので難しいんですよね~
    2013年04月16日 12:16
  • おかのみず

    お疲れ様でした!!&準優勝おめでとうございます。
    デブ専のおかのみずです(笑 今回3kmも行かないうちに皆さんをお見送りになってしまいました。
    オンボードカメラの映像をアップしましたので、見てみてください。
    REDさんのツキイチだったのでガッツリ映ってます。

    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=cV4TPo9Rv4Q 

    次の蔵王ではもう少し長い間撮影できるようがんばりますv(^^
    2013年04月16日 21:45
  • レッド

    おかのみずさん

    6位入賞おめでとうございました!

    箱根に続き、撮影ありがとうございます。
    自分のフォームが見れて助かります。実はこの冬に、新しい乗り方を取り入れてみたんですが、自分のイメージ通りにいけてました。
    箱根の時と比べると、ダンシングしているときのように車体が左右に揺れてると思うんですが、これが結構楽チンなんですよ。

    蔵王でもよろしくお願いします。シリーズ戦でエントリーしてたら、おそらく同時スタート。佐藤さんんも一緒ですし、楽しみましょうね!
    2013年04月17日 19:37