とことん軽量化に拘ってみた

今朝の体重55.8kg 体脂肪率6.5%

→プロテイン20g+スキムミルク5g+抹茶1g+水400ccを飲んで、懲りずにカーボン細工を2時間して体重測定すると、

体重55.4kg 体脂肪率5.7% ←こっちが正確に近い値だろう。

昨日は仕事が終わって家に帰るまで709kcal、糖質83gで済んでいたが・・・

晩メシは、マグロ182g、牛肉の赤身150g、皮なし脂肪取り去り鶏むね肉100g、卵50g、エゴマ油7gとご飯200g。ご飯は少量の食物繊維を含むが、他はゼロ。小腸の働きを良くするために数日前からグルタミンを飲んでいたので、ほとんど消化吸収されてなくなるようなものばかり。

圧巻はドライいちじく。食物繊維の多いものをレース終了まで摂らないつもりなので、最近ハマっているドライいちじくを610g=1587kcal、糖質352g、食物繊維59gを食い倒した。帰ってすぐ320g、寝る前に290g。

夜のおやつに箱入り白くまアイスも10本、580kcal食っといた。

帰宅してから寝るまでに3098kcal、糖質525g食ってやった。1日トータルでは3806kcal、糖質608g。カロリー収支ゼロぐらい。

そして寝る前に水1リットルぐらいがぶ飲みしたが、朝の体重がこれだけしかない、全然OK。

塩化ナトリウムを減らしてると(5gぐらいは食ってるけど)、水を飲みまくっても体重が増えん。

目の上が窪み、頬はこけ、出ベソになり、いつもなら痩せても浮き上がってこない右鼠径部の静脈まで浮いてきた。糖質を食ってても運動強度を上げると食欲に耐えるという拷問のような精神修行をしなくても痩せるのがわかった。その代わり、クソ暑い時間帯(僕の練習時間は8時~11時と13時45分~14時45分がメイン)に激しい運動をするという、一般的には拷問的なことをやってきたが、そこは暑いのが大好きなレッドくん、全然苦痛ではないのである。

 

今日はお決まりの完全オフ日。電車通勤です。このジジイは2日オフにしないと完全回復しません。

 

 

さて本題

2011年FELT F1の乗鞍仕様への組み換え。いつもなら「数gぐらいええか~」って感じで、軽量パーツを使って適当にやるのだが、今回は1g未満の軽量化にまでとことん拘ってみた。但し、安全に速く走れるという前提の下で。

例えば、

・もちろん、フォークは最軽量のBH製。純正より120g以上軽い。

・POLARのメーター台座は細いタイラップで固定するのではなく、エポキシ樹脂で接着→1g未満の軽量化。

・スピードセンサーとケイデンスセンサーはフレームに接着するか、そのままタイラップ止めにしておくかは今も悩み中。

・クランクとBB30のベアリングの間に挟むリング状のパーツはSRAM純正のアルミ製から、Token製やったかどこのか忘れたが、プラスチックのに変更。これで2~3g軽量化。

・リアブレーキのケーブルを可能な限り短くし、しかもシフト用のワイヤーを使用。アウターはブレーキ用じゃないと危険なのでそのまま。これで10g少々軽量化。

・ディレイラーハンガーの固定ネジの片方を金属製からプラスチックに。

・マグネットは、河合さんに教えてもらったダイソー製の直径5mmぐらいの小さいマグネットを削ってさらに薄くし、クランクに直接エポキシ樹脂で接着した。1g未満の軽量化。

・チェーン落ち防止のガイドをネジ類込みで7.4gだったのを、昨日ズレを修正して、いらん部分を削って6.1gに1.3gの軽量化。

などなど、他にもいっぱいあります。

 

あと、いつも使っている30gぐらいのクイックレバーだが、どうも剛性というか固定具合がイマイチのような気がする。走っていてホイールがズレるわけじゃないが、何となくしっかりしてないような気がするので、KCNCの40gぐらいのレバー部分をカットして細くして同じくらいの重さに仕上げる予定。但し、工具なしでは付け外しできないようになるかもしれない。

KCNCのクイックレバーは実測重量40.3g。軸が1cm当たり0.3gぐらい。10cm+13cmと左右にはみ出てる分を前後で3cmとして、26cmあり、重さは推定7.8g。残りの部分が40.3-7.8=32.5g。レバーとフォークの間に挟まる金具と雌ネジ金具は重さを測ってないが、多めに見積もって1個3g、4つで12g。32.5-12=20.5g。あと、軸とレバーを繋いでいるネジが1個3gとして、2つで6g。20.5-6=14.5g。レバー部分を1/3の重量にできれば、30gぐらいになるはず。という算段。

 

ホイールはレース参戦初期に決戦用に使っていたEDGEの手組にするとLightweightよりも60gぐらい軽くなるのだが、ここは剛性優先。EDGEの方がLightweightよりも優勝回数が断然多いのだが、それはエンジンの劣化によるものなのです。

 

ギアはフロント42、リア11-28にするか、フロント39、リア11-26にするか悩んだが、40gぐらいは軽くなる後者に決定。但し、一番軽いREDの39Tを使うのではなく、最近踏み込みのみで走れるように昔の感覚が戻ってきたので、10gほど重いが、昨年の乗鞍同様Q-RINGSでいくことにした。

と、こんな感じで4.5kgを目指しとります。

ただ単に4.5kgにするのは簡単。でも、走りを考えて4.5kgにするのは難しいのです。

まだ完成しとりませんが、目標にどれだけ迫れるでしょうか?

できあがりは今晩20時30分頃。

この記事へのコメント