菰野ヒルクライム

FBのコピペです。一部省略、一部修正してます。
 

やる気のなかった菰野ヒルクライム。 「目標2分:2位に2分以上差をつける」 と決めて気合いを入れようとしましたが、塩分を10g抜き足らず1kg以上重く、58kgオーバー。塩化ナトリウム0.9g多く保留すると100gの水分を保留する。大まかに1gの塩の食いすぎで1kg体重が増える。僕は汗にほとんど塩分が含まれていないので、塩が足りなくて困ることはないのです。水分の溜め込みすぎで、5時40分に家を出て14時10分に帰宅するまで、タダで配っていた 豚汁を2杯飲んだだけ。全く喉が渇きませんでした。

さらに、阪神高速阿倍野ICから東名阪四日市ICまでネオシーダーを一箱吸ってしまう始末。もしやる気があったなら、3本ぐらいしか吸ってないでしょう。お蔭で一酸化炭素ローディングは完璧。最大酸素摂取量10%以上のビハインド。レースが始まってもやっぱり気合は入らず、2位と3秒しか差が開きませんでした。スタート時間が違ったので、下手したらやられてました。危ない危ない。

このレースは、 44歳までと、45歳以上のスタート時間を大きく分けていたので、会場からスタート地点に向かうときには、若い人らが下山してきてました。 5時間半しか寝てなくて辛いです。年寄りのスタートが近づくにつれ雨が強くなってきて寒くて辛いです。気合いの入ってるレースなら金銭的に大損しても仕事を休み、睡眠をしっかりとりますが、この程度のレースでは休むともったいない。次の伊吹山も仕事は休みません。少しでも寝るために輪行したろかと考えてます。マイナーレースはそこまでやる気起こらんのよね~

やる気が起こらんかったせいで、今日は既に回復済み。朝も昼も夜に当直先に向かうときも上げまくり。それでも疲れは感じず。そらまあ、たったの30分心拍数170程度を維持しただけ、ラストスパートもせず、暖機運転中にゴールインしてしまったので、疲れる訳もございません。時々昼練でやるインターバルトレーニングの方がダメージ大です。遥かにダメージ大です。あんな強烈にしんどいことをやってると、こんな短距離レースはアホらしく感じます。

しかし、こんな小さい大会は滅多に出ないので、久々に優勝できました。嬉しいとは思わないけど、気分はいいです。全国レベルの大会では2位が多いんですわ~

なぜか?それは最強のU〇さんがいるから。U〇さんがあと2年チャンピオンクラスで出てくれていたら、3回は優勝回数が増えたでしょう。それも乗鞍、乗鞍、八ヶ岳とメジャーなレースで。しかし、チャンピオンで出ようと一般で出ようと個人の自由。仕方ないです。はい。

 

画像を貼ろうと思ったら、画像ないですやん。明日仕事中に貼ります。






この記事へのコメント

  • zekky

    レッドさん。優勝おめでとうございます。やる気がなくても勝つのはさすがっす。ブログの方も頑張って更新してください。もう少し読みたいです(笑)
    2014年04月01日 05:59
  • レッド

    zekkyさん

    ご無沙汰しております。
    ありがとうございます。
    マイナーレースなので負けたら恥みたいなところもありましたが、ホンマに負けかけてヤバかったですよ。リザルトを見て焦りました。
    Facebookで遊ぶのと、カーボン工作で忙しくて、ブログを書いてる心の余裕がなかったんですよ。
    あまりにも書かない日が続きすぎましたので、毎日は無理でも、週に2、3回は書く努力をしてみます。
    2014年04月01日 07:56