高糖質食ダイエット

火曜からダイエットを開始しているが、今回は脂肪だけでなく、重くなった筋肉も減らしたいので、糖質・タンパク質・脂質、すべての摂取量を減らすようにしてみたが、運動強度が上げれず、脂肪燃焼量も大したことない。その割には食欲は抑えられない。

それならと、手法を変えて糖質(果糖と乳糖を除く)をがっつり食って運動強度を下げず、低血糖にもならず、運動した時に消費する脂肪分だけでも減らせれば良いだろうと、昔上手くいったやり方で昨日から始めてみました。

以前、このblogに糖質を必要量とるダイエットが、身体的かつ精神的苦痛のバランスから考えると一番楽に痩せれることを書いたはずなのですが、探しても見つけられない。

痩せること(体脂肪を減らすこと)だけを考えると、糖質を抜いて低強度の運動を根性で長時間続けるのが一番脂肪が減りやすいのですが、トレーニング効果は皆無、時間の無駄、腹が減って眠れない、減らしたくない筋肉まで減る、貧血になる等、長期間続けられるものではなく、レース1週間前に3日ほど緊急的に減らしたいときに行うくらいの短期単発ダイエットとすべきだと思います。

糖質をがっつり食いながら、タンパク質と脂質は必要最小限でとどめても、体に不調は出ないはずですし、何より空腹感がない。腹が減ったら糖質を食う。寒い日でもそれほど寒くない。やらなければならないレベルの強度のトレーニングもできる。減量スピードは多少落ちますが、悪くはないダイエット法です。しかし、長時間運動するのは糖質抜きダイエットと同じで時間の無駄は多くなります。さらに「人間らしい食事」はできなくなります。これは仕方ないかな。

昨日の食事状況

カロリー4166kcal タンパク質101.1g 脂質42.2g 糖質817.3g 食物繊維32.1g

ほとんど米と一部小麦製品、栗。タンパク質は足りていそうで足りていないので、リシンの錠剤を半錠(0.5g)ずつ追加しときました。

米や小麦はタンパク質が含まれているけど、リジン(リシン)が少ない。アミノ酸スコアが非常に低い。そればかり食ってるとタンパク質を摂った気になっていても、半分かそれ以下しか有効利用されないのです。リジンを追加することによって、米の場合ならほぼ100%有効利用できるようになるのです。小麦粉ならスレオニン、トウモロコシならトリプトファンも必要。

もっとひどいのがナッツ類で、タンパク質が含まれてるけど、アミノ酸スコアが激低い。脂質が多いので多量に食べるとデブになるし、これ単品でダイエット中のタンパク源の一部などと思っていたら貧血という痛い目に遭います。

前にも書いたけど、貧血は鉄欠乏だけが原因ではありません。タンパク質不足も貧血の原因になります。鉄があってもタンパク質がないと赤血球を作れないのです。












この記事へのコメント