糖質のみダイエットの後遺症

糖質が十分足りていると心は元気になる

筋肉は疲れていても、元気になる

元気やと思って中強度以上で走り続けるとさらに筋肉は疲れる

それでも筋グリコーゲンがあるから力は入るし持続できる

これを4日続けると、ごっついダメージが体に残りました→これを根性出して続けるとオーバートレーニング症候群ちゅうのになるのです

2日間完全休養となりました。まだ回復せんやんけ!どないなっとんねん。

日曜の朝から風邪をひいてるけど、岩城を多量摂取しても治りません。症状は軽くなるけど完全に治りません。痰が緑っぽい黄色になってきた。久々に風邪後の細菌感染。抗生剤をいってしまいました。いつ以来やろか?今までは岩城で2日もあれば治ってたのに。タンパク質も減らしたから体が弱ったか?

そんなこたあ無視して、明日も金剛山通勤&堺浜夜練&もしかしたら墓場横インターバル

病気になったら安静?休養?←こんなこと普通に考えて言葉に発する日本人が多い。

アホか!ふざけるな!風邪くらいなんやねん。骨折ぐらいなんやねん。脳が潰れるくらいなんやねん。死なんかったらええねん。←こんなこと考えるやつは日本には少ない。しかし、他人と差別化するためにはこう考えるのが正解と思っている。人並みな考えしかできん奴は一生人並みでおったらええねん。

一部訂正的補足。脳が潰れた時はホンマにしんどかった。生きてるのがイヤやった。死ぬのもイヤやった。どうしたらええの?我慢しかなかった。それでもトレーニング再開して仕事もしてレースにも出た。これくらい根性出さんと、瞬発系の人間に持久系競技でトップを獲ることはできんのですわ~








この記事へのコメント