FTP測定もDNF

一大決心をして、何と何と、最も嫌いなトレーニング器具"固定ローラー"で、超苦手な早起きをして、レース前と似たような調整をして、朝から1時間上げまくるぞ!と臨んだFTP測定。

結果は美ヶ原に続きDNF。いや、1時間続けたけど、続けただけ。

結果はこの通り

Poweragent 黄色が出力。

クリックしても拡大できませんわ。赤が心拍数、青はスピード、緑はケイデンス。

負荷は一定です。

 

10分間100W以下でウォーミングアップ。レース前はアップは一切しないけど歩き回ってるから、それくらいの強度。最初は脚がダルい。これもレースと同じ。しかし、ずっとダルい。疲労を抜いたつもりやけど、1日半休養したくらいじゃあかんのね~

それより、昨日のゆっくり通勤は休養になってないのかも?

20分頃に心がタレ始め、24分過ぎにレースの40分過ぎに出る「第2段ロケット点火!」。急に楽になってここからペースを上げるぞ~と思ったら、30分過ぎには消火してしまいました。

その後はタレタレ。残り15分にラストスパート失速。10分にもスパートを試みるが失速。残り3分だけはスパートしましたが、レースのゴール前スパートの比ではないほどお粗末な出力。

1時間の平均出力は212Wと情けない数字。これってLTレベルの数字ですやん。信号待ちで力を緩めても、出勤時の35分でこれくらいの平均出力が出たことあります。

とにかく、このまま終わっては何の意味もない。トレーニングにしては中途半端やし。

ということで、思い付いたのが乳酸値測定と血糖値測定。

ヘタレスプリントしながら考えてたけど、器具を出して血を出して測定するまで1~2分ほどかかってしまった。

乳酸値と血糖値は7.0mmol/lと101mg/dl

こんなスプリントでもOBLA(4mmol/l)は軽く超えている。昨年3月に測ったときは、体感的にはこれくらいが1時間維持可能な乳酸値であります。血糖値も高いのね~びっくりしました。

20140708_005_600x800

20140708_006_800x600

さらに2分後の乳酸値

20140708_007_800x600

それでもOBLAを超えている。

 

そして、一服してからすぐに仕事の支度をして、心拍140でゴール。やや楽なペースやけど汗だくになる程度。今日は湿気が多いらしい。

1分後に測定した血糖値は100mg/dlと激しい運動後と同じくらい高い。運動生理学の本に載ってるグラフのように、中程度以上の強度なら運動強度によらずやっぱり高めで安定してるんやわと納得した。

20140708_011_800x600 

その15分後。運動してなかったらこんなもんでしょうか。ローラーを始めてからここまで、ペプシネックス2缶以外口にしてません。多少カフェインの影響はあるかもしれんけど、カフェイン中毒の人間にとっては無視できる程度でしょう。空腹起床時は大体70前後なので、起きて動いているからか、カフェインの影響なのか、それともニコチンの影響なのか、運動後15分程度じゃ元に戻らんのか、原因はわかりません。

20140708_014_800x600 

体重変化

ローラー直前

20140708_008_800x600

ローラー直後

20140708_010_800x600

扇風機は2台フル稼働やったけど、汗だくになって1時間で1.4kgしか減ってないのにもびっくりしました。

今日の収穫は、乳酸値・血糖値・体重の変化がわかったこと。

ただそれだけ。

<加筆>ここ重要。固定ローラーでのトレーニングは自分にはムリなのを再認識した<加筆>

 

固定ローラーは難しいです。敵もおらんし、斜度の変化もないし、風もないし、力を強弱しても進み方変わらんし、というかわからんし。こんなもんで日々トレーニングしている人を尊敬します。そう言えば、N村さんの練習ってこれだけやったらしいね~ある意味アホ(関西的に)。

この記事へのコメント