プチ軽量化

Facebookにも書いたけど、こっちに書いとかな後から探すの難儀しますねん。

KOH富士山では、POLARとPioneerのペダリングモニターを両方使います。データを取りたいんです。PioneerはANT+に対応してるけど、POLARの通信は独自規格。心拍センサーもスピードセンサーも2つずついります。ケイデンスセンサーはPioneerにはいらんからええんですけど。

心拍計2つとスピードセンサーで100g前後重くなる。これは納得いかんということで、ANT+対応のスピードセンサーと、心拍センサーの重い方=POLARを分解して、電池を極小にして、ちょっとはんだ付けをして、熱収縮チューブで密閉して、半分以下の重さになりました。細かいところは時間がないので測定してません。Pioneerのメーター台座も自作して27gから10g弱まで17gチョイの軽量化。

Img_0914

これはスピードセンサーの基盤

Img_0911

これはPOLAR心拍センサーの基盤

下側はガーミンの心拍センサーを使おうと思ったら数回しか使ってないのに壊れてたので、ネコの心拍センサーを買いました。

Img_0912

そして、こうすると、乳バンドは1本で済むのです。

Img_0913

この記事へのコメント