マウンテンの決戦用ホイールも組みました

前のはぶっ壊れました。リムを替えて使えるし、重量も変わらんけど、嫁が今後も乗りたいというので、前の決戦用は嫁用となりました。

今度はDT240ハブを使いました。

昨日の夜から組み始め、1時頃振れ取り終了。今朝ベアリング交換し、ほぼ完成。

リムはどこのメーカーか知らん。聞いたことないけど、マウンテンにしては軽い330gほど。

スポークは、実測ではDTエアロライトよりも軽いDTレボリューション。

スポークはカンカンにテンションを上げときました。

 

ホイール単体で688.0g

20141021_001_600x800

 

リムテープを巻いて693.2g 貼り付けるタイプのリムテープはメチャ軽い!

20141021_004_600x800 

カタログ値73gのKCNCのローター

20141021_007_600x800 

センターロックに6穴ローターを取り付けるアダプタみたいなもの。M5のチタンねじ6本よりは少し重いけど、大差ございません。

20141021_006_600x800 

タイヤとスプロケのない状態で796.1g。レーシングゼロよりも軽いやんか!

20141021_013_600x800 

この後、ハブ本体のベアリングをオールセラミックにしようと試みたらまたもや崩壊!やっぱり、DTのハブにはオールセラミックはハマりません。パワータップハブなら簡単にハマるんですけどね~

しゃあないからENDURO ZEROにしました。フリーはレース時はオーバーマイヤーのかDT190のを使います。外観は一緒やけど、ベアリングサイズと重量が違う。20gぐらい軽かった微かな記憶があるようなないような。ウソかもしれんけど、「こんなに違うか~」と思ったのは事実。

780gぐらいにはなるでしょう。まあ、タイヤが重いから走れる状態にしたらレーシングゼロよりも若干重くなるんでしょうが、そんな大差ないんちゃいますかね?

マックスライト285にマキシスのチューブ97gに対し、ロード用ならタイヤとチューブで最軽量で250gぐらいかな?ブレーキや変速レバーも合わせて考えると、

レーシングゼロ+KCNCブレーキ+REDのダブルタップレバーよりも

この名もないホイール+XXディスクブレーキ一式+XXシフターの方が軽いはず。

走りが重いのは間違いないけど。

この記事へのコメント