いつまでも子供

Facebookをみていて思った。

47歳にもなると見た目がおっさん、おばはんになるのは当たり前。そんなことはどうでもええ。

身も心も大人になってしまった奴ら、大人ぶりたいけど子供が見え隠れする奴ら、まだ少年少女の心を持っている奴ら、

そして、大人に反発し、大人のような振る舞いを極力避け、中身は子供のまんまの自分。

いろいろですな~

人前では大人のふりをせなあかんときもある。が、心はいつまでも子供でいたいものだ。

と思う。

大人になってしまった奴らはしゃあないとして(こんな奴らとは気が合わんけど)、中途半端に大人ぶる奴ら見てると腹立つねん、ホンマ。

まあ他人のことはどうでもええか。なんかイラッとしたので、ちょっと愚痴ってみたかっただけ。

 

で、今日は休養日。ダイエットも休養日。ダイエットは最近いつも休養日。カステラブームも終焉に近づいてきたし、そろそろ真剣に痩せんと正月太りが待っている。ヤバし(;'∀')

 

全然関係ない話

果糖(フルクトース)は、60%が肝臓でブドウ糖(グルコース)に変換され、残りはピルビン酸を経由してアセチルCoAまで反応が進む。運動していたらアセチルCoAはクエン酸回路でATPを生み出すために使われるが、運動していなかったら中性脂肪が合成される(グルコースは余程大量に食わんとそんなことにはならん)。寝る前に砂糖とか果糖を食ったらブタになるっちゅう訳です。

一昨日から今日にかけて1月末~2月初め並に気温が低い。ところが全然寒くない。自分は寒がりやと思っているので、厚着していくと汗だくになる。せっかく塩分摂取過多で水をトラップして体重が激増する体質を改善したと思ってたら、この1週間ほどで逆戻り。今日は顔が浮腫みまくりで頭がボッーとする。久々に利尿薬を使ってみた。こんなに気温が低いのに薄着で外に出ても寒くないのに今朝気付いた。最近はエネルギーが余ってる状態が多いので、褐色脂肪細胞が活発に熱を産生しているようです。体脂肪が多いと寒くないみたいなことを言われるけど、体脂肪率30%は経験したことがないので未知の世界だが、5%でも10%でも15%でも20%でも大差ない。要は必要なエネルギー以上に食い物を食ってるかどうか。これがポイント。オーバーカロリーなら寒くない。アンダーカロリーが続くと真夏でも空調のきいた28℃の部屋に入ると寒いと感じる。体の芯から寒い。しかし、今は外でPCを弄っているが、体の芯から暖かい。人並みかそれ以下なら体脂肪率は関係ない。と思う。

この記事へのコメント