菰野前のテーパリングのまとめなど

これも大事やから、書いとかなあきません。乗鞍のために!

コーガンさんのPMCのグラフ

Pmc

今日はママチャリで6km移動しますが、こんなもん勘定に入れんでいいでしょう。パワーメーターの付いてないチャリに乗るのは昨年10月以来。

 

TSBは絶好調だった昨年11月2日よりも高い。明日にはもっと高くなるはず。

でも、TSBはCTL-ATLなので、ATLが低かった(つまり、まじめに練習していなかった)10月末よりはATLもCTLも高い値を維持している。

昨日は通勤だけ、今日は電車通勤なので、一気にATLが下がり、CTLも若干下がって、TSBは激上がり。

ただ、テーパリングの内容が違う。昨年までは、レース1週間前に疲労困憊になるまで追い込んで、それ以降はダイエット走しかしませんでした。休養はしてないので疲れは抜けませんが、強度は上げませんでした。そして、木曜は普通に低~中強度で通勤、金曜は電車通勤、土曜は完全オフ。

今回は大きく変えてみました。

1週間前の土曜:金剛山3本全力リピート、昼は中強度のダイエット走。帰りは若干汗ばむ程度で直帰。

日曜は完全オフ。

月曜は森屋~新千早トンネルだけ手抜きの254W。昼は墓場横インターバル10本全力。夜は回復走で帰っただけ。カーボンサドルなのでケツが痛い。

火曜は朝昼夜とダイエット走で合計4時間少々。堺浜で疲労のためか全く力が出せなくなって、すぐに帰りました。

水曜は西区(堺市じゃないよ大阪市ね)往復(行きはガシガシ踏んで、帰りはまったり)など19kmと夜にローラー1時間10分。

木曜はやや強度高めに森屋まで1時間走り、トンネルまで全力走・・・のつもりが246Wしか出ない。やっぱり疲れてるのか?と思い悩む。帰りは回復のためスーパー回復走。原因は疲れではありませんでした。解決済み。

金曜は、通勤は普通に、帰りは西成まで思い切り信号インターバル。RIDEAが良すぎて調子に乗りました。これでミトコンドリアとGLUT4を増やす刺激は与えられたはず。持続期間3日。レースに間に合います。

土曜、本日は電車通勤。息子のママチャリを借りて、天下茶屋を往復するだけ。

まとめると、月木の金剛山20分全力走(一応)と月曜の死にかけインターバルと金曜の信号インターバルでエネルギー産生機構を衰えさせずに済んでるはず。

あと、これが一番重要!!禁煙。というか一酸化炭素を赤血球から排除して走る。禁煙できなくてもええ。12時間吸わんかったら一酸化炭素による悪影響は排除できる。

さて、これでどうなるか?

今晩はなんぼ早く寝ても22時、明日は4時起き。運動してないから6時間寝れたら万全とは言わんでも何とかなるか?

昨年はスタートダッシュして逃げ切ったけど、今年は若干後方からスタートして、最初だけ妙に高強度で走る連中に惑わされないように、320Wで5分ぐらい走って、耐えて耐えて平均300Wで30分間走るのが目標。まあ無理でしょうけど。(ペダリングモニターを使用するため、出力はパワータップより5W高めの目標に設定しています。)

体重は58~58.5kgぐらいになりそうなので、この時期のベスト57kgより1~1.5kg重い。

この記事へのコメント