箱根ヒルクライム

サドルが5mm高いのを家に帰ってきて初めて気付きました。アホですね。

レース当日の朝にサドル高を調整しようと思っていて忘れてました。

移動時はレーパンを履いてなかったので違和感がなかったんですが、レーパンを履いたら相対的にサドルが高くなり、「ちょっと高いかな?いけるかな?」と思ったりしてましたが、調整しようと思っていたことは思い出せませんでした。凡ミスです。

レース中ケツとハムの筋肉がダルくて痛くて、何とかして大腿四頭筋を使おうとしてみたけど全然使えません。何でやろ?と思いながらも必死こいて走ってました。ゴール後、いつもは大腿直筋が痛いんですが、なぜか大殿筋が痛くてたまりません。大腿四頭筋のダメージは全くと言っていいほどありませんでした。それでもサドル高のことには気付きません。歳は取りたくないもんです。ここまでボケてしまうとは・・・

 

とにかく、先頭に少し遅れてついていき、3人に抜かれ、しばらくして2人に抜かれ、5人はそのうち見えなくなりました。梵天さんとは20~50m差を保ったまま。追いつきたくてもいつものようなインターバルが掛けられない。10km以降の激下りと上りが繰り返す前にもう一人入ってきて、ゴールから2つ前の下りが始まる手前の上りで二人に差を開けて逃げました。後ろを見てもだいぶ離れている。このまま行けると思っていたら、途中に入り込んできた人は下りがメチャメチャ速かったらしく(梵天さん談)、後ろについて引いてもらった梵天さんにまず抜かれ、下りの速い人にも最後の上りで抜かれ、見えてるけど追い付けないくらいの距離で残り200m。

こんな感じのレースでした。

体重はおそらく58kgかもう少し軽いくらいで十分OK。しっかり休養はとってないけど疲労感は殆どない。変なものも食ってないし、よく寝たし、上出来のコンディショニングでしたが、結局はサドル高の調整忘れという、ちょっとした、けど、かなり重要なことを忘れてしまって惨敗しました。でも、自分のボケさに呆れるだけで、悔しさとかそんなもんはありません。まあええんです。次から気を付けます。一つ学習しました。
言ってみれば、交通事故と一緒ですわ。2,3年前まで車にぶつかられまくってましたけど、最近は学習して予測能力がかなりアップして、全然事故りません。あり得ないような場面でも、こいつ(車)は襲ってくるかもしれないと予測しながら、逃げ方・逃げる場所などを考えて走ってるので、「おお!来た来た!」って感じでかわしてます。

 

余計なことは置いといて、結果

Photo

ペダリングモニターより20W低く出るパワータップで248Wってことは、268Wぐらい。ポジションがおかしいのに、ケツとハムの痛みとダルさに我慢してよう頑張りました。どれだけ頑張ってたかは心拍数を見ればわかります。禁煙してたからというのもありますが、平均心拍が172も出ていました。

出力は尻下がり。30分頃に「パワーメーターの電池が減ってるよ~」と警告が出てましたが、家まで持ちました。30分頃から出力が一瞬上がることが増えてるのは勾配変化でインターバルを掛けるいつものパターンをやろうとしたから。でも一瞬でも400Wオーバーを出すのはやり過ぎ。

Photo_2

リザルト

Photo_38位のはずが7位になってます。もう一人はどこ行ったの?DNF?

あと、これはハタノさんのブログから頂いた2010年の惨敗乗鞍1か月後のオーバートレーニング症候群から回復していない時の結果。

20150524_015

これは2012年12月。DNSしようと思ってたけど、ミヤタさんが車に乗せて行ってくれるというので行ってみたレース。全くやる気がなく、チャリは今は息子のものとなっているBHウルトラライト、服装も、ウルトラライトダウンを来て、ウインドブレーカーのズボンを履いて、完璧な防寒仕様で走ったとき。

20121204_001

これらの結果をみると、老化による衰えを差し引いても、サドル高がどれだけ重要だったかがよくわかります。ちょっと低いのは何とかなるけど、高いのは乗り方を変えてみてもどうにも修正できません。

 

レースが表彰対象じゃないことは明らかだったので、ゴール後すぐに梵天さんと荷物を持って、下山待ちの先頭に並び、第1陣で下山しました。新幹線は16時8分発をとってましたが、梵天さんに合わせて14時8分発に変更。EX-ICカードがあるとスマホで時間変更も座席指定もできるので便利ですね。
小田原駅で自転車を輪行バッグに詰め込んでる間に、梵天さんが座席変更の手続きをされて、14号車の最後部席(後ろに自転車を置けて喫煙ルームも隣にあるベストの席)の3人がけの窓側と通路側をとったので、間に誰か入ってくることはないだろうと思ってたらその通りでした。

その後、駅構内にあるそば屋でざるそばと寿司のセットを食いました。蕎麦はうまいが、つゆはダメ。デザートにスタバ風の店に入り、新幹線で大福4つ食って、満足して帰りました。

家に着いたら17時30分頃。レーパンを履いてないのでサドル高がちょうど良くなって絶好調。目に付くロードバイクをことごとく抜き去りました。脚も全然疲労感がないんです。家に着いて、ロードを壁にもたせかけ、タバコを吸って何気にシートポストに目をやると、マジックで書いた印が目に留まりました。「あっ!」てな感じで、サドル高を調整するのを忘れてたのに気付いたんです。
樹脂に気泡が入っているところの中間、マジックで丸印を2つつけた間。ここがちょうどいいサドル位置だったんですよ~

20150524_009

まあええんです。そんなにやる気があったわけでもないので。蔵王がなくなったから出ただけの箱根やし。

次は2週間後の栂池。どんな作戦で行こうか悩み中。チャリはどうするか、ホイールはどうするか悩み中。出力が低く出るパワータップはイマイチ使い勝手が悪いので、前後ZIPP303にするのもあり。リアだけZIPPにするのもあり。パワータップをやめてペダリングモニターを使うのもあり。もう少し悩みます。

惨敗決定後、帰り道は、この1ヶ月短時間高強度練しかやってこなかったことが悪かったのかとか、急に痩せたダメージが抜けてなかったのかとかも考えましたが、どちらもただの思い過ごしだったようです。短時間高強度練しかしなくても維持はできてそう。アップしてるかどうかは不明。サドル高調整ミスで、それを試せなかったのが残念。

この記事へのコメント