今朝の3つのパワーメーター比較

左のクリートを一番外側に、右のクリートを一番内側に寄せた。
右のペダル軸の根本に2mmのスペーサーを入れて、Qファクターのアンバランスをほぼ解消。

これで左右の入力が半々に近づいたはず。

結果はまだはっきりしませんが、

Stages>ペダリングモニター右側×2>パワータップG3

StagesとG3との差は許容範囲を超えてます。パワートレーニングやレースには使うのは気が引ける。

3

この記事へのコメント