ペダリングモニターとパワータップG3の出力値比較再び

今日はペダリングモニターとG3の差が小さい。朝は4~7Wぐらいでした。

再度チェックするため、昼休みに色んなパターンを試してみました。

Photo

長い時間負荷を掛け続けられるような場所も時間もないので、交通量が少なく、信号がなく、上り基調で、ラップボタンを同時押しできる場所でやりました。測定中は力の入力を止めないことと、平均200W以上になるように気を付けました。解析はGolden Cheetahにやってもらいました。

G3は途中で校正値が変化してますが、校正値の1~2のズレは出力表示にほとんど影響を及ぼさないのは以前確認済みです。

ペダリングモニターの標高変化による法線方向の校正値のズレは出力に影響を及ぼさないことはPioneerに確認済みです。

2回めの測定以降は脚を止め、両メーターとも表示が0Wになったところでラップボタンを押し、終了時も脚を止めて0W表示になったところでラップボタンを押すようにしました。これは、力を入力してから両パワーメーターが信号を拾うまでの時間差があるからです。ペダリングモニターの方が若干遅いです。

結果は、朝よりも差は少なく、3W、5W、2W、6W、2W

水曜の早朝ぶどう練ではこんなに差があったんです。

Photo_2 

水曜と今日の違うところは以下の3点

・ペダル XpedoのSPD→TIMEのエクスプレッソ12

・チェーン カンパの11速レコード→105の11速用クソチェーン(どちらもほぼ新品に近い)

・オイルをイノテック105→夏場は日常使っている安物ワックスタイプ

これだけなんです。ペダルは関係ないでしょう。

とすると、105のクソチェーンがええのか(ええわけないと思うけど)、安物ワックスオイルがええのか、この2つの相性がええのか、わからんのですけど、105チェーンに安物ワックスならペダリングモニターはいらん。ということはSRAM REDのクランクが使える。

それは安易に考え過ぎか?もう少し試してみます。

ただ、リアに11速も必要ないことに薄々感づいてましたが、ケイデンス一定で走るのが苦手な人間にはホンマにいらん。10速に戻します。9速でもええくらいですねん。10速の方が重量も軽いしね。

10速に戻しても11速チェーンは使えるので、チェーンを11速用と10速用でいろいろ試してみます。

イノテック105がクソオイルなのかとも思いましたが、マウンテンはイノテックと79デュラチェーンでそれらしいワット数が出ているので、オイルだけのせいではないみたいです。

未だ未解決。早くパワータップが使い物になるようになってほしい。

 

ダイエットの話は書くのがめんどくさくなってきました。とにかく痩せていってます。体組成測定記録ぐらいなら毎日でもやりますけど、食事内容を書くのが面倒臭い。何日かまとめてやりましょか。その方が見る人(おるかどうか知らんけど)も見やすいでしょうし。

 

今晩は激疲労があるけど、堺浜5周回して帰宅(約55km)。明日は完全オフ日にしたいけど、8時に起きてマウンテンかミニベロで往復込で3時間ほど堺浜グルグルやります。はよ56kgにならんかなぁ?

この記事へのコメント