楕円→真円で軽量化

インナーをQ-ringsの44Tから9000デュラ純正の39Tに変更しました。

20150623_005_600x800

20150623_003_600x800

 

39Tになると、リアの32Tはいりません。SRAM XX MTB用32TからSRAM RED 28T(10速)に変更しました。

20150623_006_600x800

20150623_001_600x800

 

RDも32T対応のはいりません。28T用にしました。

20150623_007_600x800

20150623_002_600x800

 

他にワイヤーも短くしたりあれこれ微々たる軽量化をしました。
外したものすべてで、これだけ

20150623_010_600x800

 

付けたものはこれだけ

20150623_004_600x800

以上で89gの軽量化。

軽量化前の自転車総重量はこれでした。

20150621_040_600x800

 

あと30g減らさんと4kg台になりません。30gなんてどうでもええんですけど、軽量化マニアにはこの30gが非常に気になります。

あ、そうそう!チェーンを10速用から11速用にして、2リンク短くしたので10gぐらいは減ってるんでしょうか?でも30gは減らんよな~

ただ、11速用は試しに付けてるだけ。リアが10速なので、10速用のチェーンの方が明らかに変速性能がいいんです。11速でも特に変速が悪いわけではなく、13-14辺りのシフトダウンをするときにレバーを何気なく押すと変速しないことがあります。きっちり押せば確実に変速します。ストレスを感じるほどじゃないけど、究極にしんどい状態でここまで気を回せるか?悩むところ。10g程度で数回の変速の不具合で落ちる出力を考えると10速用にすべきなのかな?

 

まだ先の話やけど、この状態で乗鞍仕様にすると4.7kgにしかなりません。パワーメーターを諦めてSRAM REDのクランクにすれば4.5kgになります。どうしたものか?自分が200g軽くなればええのかな?

この記事へのコメント