ツール・ド・美ヶ原(2)

レース前の過ごし方の記録だけ。

 

金曜の夕食前までダイエット続行。

FTPレベルかチョイ下の運動は水曜朝の260W鍋谷が最後。

木曜夜は3周ロードを追い掛けて走って、maxが3週目の8分43秒240W。

金曜は脚を動かしてるだけの通勤往復最短距離で35km。

土曜は、150W以下で激坂の試走をしようと思って出掛けたけど、斜度がきつすぎて1kmほど200Wを超えてしまったので、そこで中止。

食事は木曜の夜からファットローディング開始、しっかり油は摂っている。タンパク質も100gほどは摂っている。10日ほどのダイエット中も貧血が怖くて60gを下回ったことはない。減らしてたのは主に糖質だけ。ビタミンとミネラルは浴びるほど摂っている。

休養は十分。

前日の夕食は、自分で持ってきたご飯500gほどと黒毛和牛の切り落としを炒めたもの200gほどとゆで卵2個。宿で買った温泉まんじゅう2箱20個ぐらい?らくがん10個ぐらい。福砂屋の五三焼3切れ。こんな糖質の大食いはレース前夜毎度のこと。

19時半頃にハルシオン3錠とマイスリー1錠を飲んで、この時点で59kg。塩分は足りているかちょっと多いくらい。その割には水分過多だったので、汗をかくためにエアコンを暖房にしてブレスサーモ2枚重ねで着て27度設定で寝ました。

起床時体重57.7kgやったかな?記憶がはっきりしない。まだ水が余っている。

朝メシはカステラ7切れ。ユンケル1本。

宿を出るまでウルトラライトダウンを着込んでさらに汗をかいて、宿を出る前の体重が57.4kg。

厚着して出掛けて、スタート30分前にトイレに行ったけど、尿は少し出る。脱水にはなっていない。スタート直前の予想体重57.0kg。

 

以上で記録終わり。

 

結果は前記事の通り。ここまで悪かった原因で思い付くのは、ダイエットを長引かせたことと睡眠薬。

でも、こんなこと以前もやったことがあるし、それなりの結果は出ていた。

ダイエット中でも睡眠薬が残っていても、練習なら悪くて30分250W台。ただ、練習と違うところはアップをしていないこと。でも、アップなんぞ積極的にやったことがない。

あと、考えられることと言えば、ポジションを大きく弄ったことと、シューズが4年ぶりに実戦投入するパールイズミの軽いやつ。

ただ、これだけで220Wを切るような走りはしない。

変な油は食わんようにしたし、コンビニの食い物は避けてるし、食い物のせいでもなさそう。結局のところ原因はわかりません。

もう一つ、タンパク質不足による貧血をほんの少し疑ってます(鉄や鉄の吸収に必要なものは過剰気味に摂っている)。明日血液検査してみます。でも、息苦しさなんぞ一切感じなかったので、違うとは思うんやけどね。

まあええわ。とりあえず3週間は1日1500kcalのマイナスを維持して53kgまで絞り込む。高強度練はちゃんとやります。

鳥海山で復活して、乗鞍で昇りつめて・・・

って、そんな上手いこといくんかいな?

付け足し

一つ思いつきました。原因はこれかもしれん。睡眠不足続き。恒例の回復目的の日曜の12時間睡眠を最後にやったのが5月31日。6月14日はチャンスがあったのに早起きしてしまった。それに直前の1週間はかなりな睡眠不足。ダイエット走に時間を割いたのが一番の理由。寝てないから回復してなかった!これか!!

この記事へのコメント