自作フォーク

これまで、手持ちの最軽量フロントフォークはBH ULTRALIGHTのフォークでした。

元々250g台でしたが、アルミナットをカーボンで埋め込んでるのと、FELT F1用に短くカットしてドグマに使えなかったので延長したため少し重くなってます。

20150816_004_800x600 

シーズン前、今年は下山ホイールを背負うのが嫌だったので、フロントをディスクブレーキにして、EDGEの余ってるリムを使って自分でホイールを作ろうと思ってましたが、途中までやりかけてましたが、かなりな手間なので、時間の優先順位を考えたら、そんなことに使う時間が勿体ないと思って、ほったらかしにしてました。

 

来週の乗鞍では、自分もチャリも過去最軽量にしたい。でも、F1じゃなくてドグマで出たい。ということで、ディスクブレーキ用に作りかけていた(ほぼ完成していた)フォークをキャリパーブレーキ用に改造することにしました。

 

これが改造前の状態!と思ったら画像がない。225gほどでした。

これは、キャリパーブレーキを取り付ける穴を開けて、自作したカーボンの円筒を差し込んだ状態。円筒の中は前方が直径6mm、後方が直径10mm、境目にはチタンのM5ワッシャーの穴を6mmに広げたものが入ってます。

20150809_017_800x600_800x600 

そのままこの円筒を貼り付けたら使えそうですが、壊れたら嫌なので、補強のためカーボンを貼りました。

円筒も固定

20150815_010_600x800

20150815_011_600x800 

表面の凹凸を削って

20150815_009_600x800 

最後にこいつを埋め込んで(これがあるとイクスパンダーはいりません。アルミだと自分で削って6mmぐらいの長さにするところ、市販のチタンナットを削って使ったので、追加のカーボン使用量が減りました。通常のイクスパンダーを使うより25gほどの軽量化)

20150815_008_600x800

20150816_005_600x800 上が自作フォーク、下がBHのフォーク

 

最終的にはこの重さ

20150816_001_600x800 

今朝の金剛山リピート練で使いましたが、何ら問題なし。ちょっと頑丈にしすぎたかもしれません。

20150822_002_600x800 

ちなみにドグマのフォークは、ベタベタに短くカットしてもこんなに重いのです。

20150809_014_800x600 

これで、F1とドグマのフレーム重量の差200gが100g未満にできました。

その他諸々軽量化中ですが、今日はこれでおしまい。

あ、ペダルは重くしました。エクスプレッソが気に入らんので。

この記事へのコメント