極寒大雨の大台ケ原試走

梵天さんと前から約束していた大台ケ原試走の日です。

前日は22時就寝。起床5時15分。目覚ましがなる前に勝手に目が覚めました。

朝メシは福砂屋のカステラ3切れ。一切れは58gで179kcalらしい。実際に測定すると60gほどあることが多い。実重量から計算したカロリーは563kcal。前日にどっさり糖質を食ってカーボ・ローディングしていたので、朝メシは低血糖予防のため。腹は減ってません。

近鉄南大阪線で大阪阿部野橋~吉野神宮を輪行で山越えを1つパスしました。距離も約半分に短縮。6時50分発の急行に乗って、8時20分頃着。1時間半もかかります。
駅まで10分、輪行バッグに詰め込み15分、電車の時間待ち10分と考えると、自走で吉野神宮まで行くのと時間的には大差なし。ただ、大台ケ原の激坂区間をしっかり上りたいので、輪行したワケ。←自分勝手な解釈で梵天さんはどう考えてたか知りません。

 

大阪阿部野橋駅
大阪市阿倍野区にありますが、あべのの「べ」の漢字が違います。何か理由は聞いたことありますが忘れました。

20150906_002_800x600

 

チャリは決戦用マウンテン 荷物込で 9.825g(パワータップホイールが重いのと雨具のせいで重くなってしまいました。)

20150906_001_600x800

自分は起床時55.7kg(カーボローディングと過剰な水分のせいで重くなってしまいました。)

 

天気予報では朝から雨でしたが、吉野神宮に着いた時は降ってなくて空も明るかったのでラッキーでした。

 

近鉄電車から見た吉野川

20150906_003_800x600 

下車して微糖缶コーヒーを飲みながら自転車を組み立て、吉野川(徳島の吉野川と同名やけど別物)を挟んで国道の対岸にある裏道を走り、途中から国道169号に合流。しばらくそこそこのペースで走ってると、中川さんとジュンちゃんが追い付いてきました。

ジュンちゃんは雨でも試走に行くと言ってましたが、中川さんは雨ならDNSと聞いてました。たまたま試走の日が一緒になっただけで、申し合わせた訳ではありません。ジュンちゃんには電車の時間を言っていたので、それに合わせてくれたのかもしれません。

中川さんが入って、一気にペースが上がります。僕はマウンテンなので先頭は免除、ジュンちゃんは39-27(本番は36-28の予定)で激坂が上れるかどうかのチェックのため最後尾。中川さんと梵天さんが後退で先頭を引いてくれました。中川さんが前に出た時は上りでも平地でもメチャ速いです。梵天さんは平地は苦手。

風除けがあるのでマウンテンでも普通に付いて行けました。平均150Wぐらいかな?

途中から小雨が降り始めましたが、それほど大雨にはならず、無事上北山村のスタート地点に到着。激坂まではゆっくり走ると言っていたのに、ロード3人はサッサと行ってしまいました。脚を残したい僕は150W以下でセーブして走りました。

小処温泉手前、勾配がきつくなり始めた直後、3人が止まっていました。待っていてくれたのかと思ったら、ジュンちゃんがサイドカットのパンク。最初はサイドカットとは思わず、チューブを1本無駄死にさせてしまったみたいです。

まあとにかく、パンク修理して、激坂のタイム測定区間のスタートまでゆっくり目に走りました。

すでに脚は疲れ気味でしたが、一応全力でいってみました。

でも、痩せた梵天さんには最初から差を開けられ、徐々に差が開いて、最後には見えなくなりました。ジュンちゃんは僕より少し前。昨年の乗鞍2位のジュンちゃんですが、それから更に速くなってますが、さすがに重いギアは苦手のようで、スピードが出ません。
滅多に使いませんでしたが、50-42で走っていると、ほぼ同じスピードで走っているジュンちゃんのインナーローと同じくらいのケイデンスでした(61~63ぐらい)。

50-42のギア比が1.19、ジュンちゃんの決戦用で使う予定の36-28のギア比が1.29、昨日のジュンちゃんの最小のギア比は39-27で1.44、34-28にすると1.21。
本番ならもう少しスピードが上がるので、ケイデンスも上がりますが、ん~ジュンちゃんなら36-28でも重い気がする。という結果になりました。ジュンちゃん見てる?考えといてや~

ちなみに僕がロードで出るときは39-28です。39-27でも事足ります。39-28のギア比1.39。斜度のきつい区間ではケイデンス50台半ばか40台に落ちることもあり。50台で踏めない人はもっとギア比を小さくしないと上れんでしょう。チャンピオンクラスで優勝するレベルの鬼のように速い人は別やけど。

激坂区間はギアの重すぎるジュンちゃんを徐々に離し、梵天さんより約1分遅れの37分48秒、平均出力234Wで上りました。2/3ぐらいまで250W辺りで推移してましたが、最後は腹痛と自走による疲労のためタレました。本番は最低260Wぐらいではいけそうです。チャリは3.5kg軽くなるし、自分は1.5kg軽くなる予定なので、計算上8分速くなる。いや、そんな上手いことはいかんでしょう。20分台で走ったら、激坂区間賞で全体の3位に入れそうですから。
目標は30分台。

中川さんは大台のレースには出ないので、普通に上って来られました。中川さんの普通はかなり速いんですけど(^^)

 

大台ケ原ドライブウェイ(激坂区間)に着いた時にはすでに雨がキツくなってました。霧も結構出てて、梵天さんはもう帰ろうか?みたいな感じでしたが、トイレに駆け込みたいぐらいの腹痛が断続的に襲ってくる僕にとっては、2択しかない。ゴールまで行くか、激坂を下って上北山村に行くか。ドライブウェイを下ってしまったら、川上村の道の駅まで行かないとトイレがない。そんなの無理!

ということで、ゴールまで行くことに。

激坂は半袖短パンで走ったので汗は一滴もかかず。ドライブウェイは合羽上下を着たけど、寒すぎて汗はかかず。むしろ震えながら上ってました。

ゴール地点まで到着して、トイレに駆け込み、さらに体が冷えてしまい、手が痺れてしまってどないしようもありません。

糖質を少しだけ補給するつもりだったのに、あまりの寒さに何か食わないと死んでしまう。うどんでも食おうかと思いましたが、牛丼と同じ値段(*_*;

牛丼にしました。吉牛並みより若干ご飯が多いくらいの量でした。まあええでしょう。

20150906_005_600x800

温かいお茶と嫌いな味噌汁も飲みましたが、寒さは解消されません。食堂でストーブを出してもらったけど、全然温まりません。食後の一服をしていると雨が止んでいたので、今がチャンスと、皆さん寒さが解消されないまま下山開始。

脚を止めると震えて自転車が左右に揺れます。暖を取るのと震えを誤魔化すのに、脚は動かしたままでした。5kmも走らないうちに雨は再び降り出し、大雨、強風、霧。最悪でした。冬の夜金剛の下りよりも寒い。マウンテンだとブレーキは心配いらんので、少しでも寒さをしのげるようにさっさと急いで下りました。レースの下山用のスタイルでしたが、全く寒さが解消されません。どえらい寒い(ToT)

しかもエアアタックシールドのシールドはスモークなので、薄暗くて前が見えん、シールドがないと雨が目に入って前が見えん。もう大変でした。透明のメガネを掛けてきたら良かったと後悔しました。下山途中、道路の段差に勢い良く突っ込んで、自作フォークは大丈夫かいな?と心配しましたが、何事もなさそうでした。

とにかく必死にドライブウェイを下りきり、少し気温は上がりましたが、ここからはしばらく下りがほとんどなので、やっぱり寒いのでしっかり踏みました。

川上村の道の駅でトイレ休憩。まだ下痢が治まっていません。雨が上がっていたので、濡れた合羽を着てるより脱いだ方がマシ。半袖短パンに戻りました。

しばらく走って、吉野神宮に行く裏道で中川さん、ジュンちゃんとはお別れ。

裏道で駅に行くのに一つ筋を間違えたようで、駅のすぐ下に出てきましたが、駅に到達するには暗峠ほどの激坂を上らないといけません。超前荷重で上りましたが、リアがマンホールの蓋で滑ったのを見ていた梵天さんは押してきました(^^)

この時点で16時10分頃でした。

梵天さんの記念撮影。

20150906_007_800x600 

梵天さんは特急に乗ってみたいと30分待ちで特急で帰りました。

僕はダイエットのため自走。梵天さんを誘いましたが却下!まあええんです。ここからは寒くないだろうと思ってたら、また途中から大雨。前が見えないエアアタックシールドで大変でしたが、あと2時間ぐらい。我慢我慢。

R309を走り、水越峠に向かう道と、山沿いの県道の交差点少し手前で、上りでハンドルを引いたらグラグラする。

ヤバ!と思って、止まってステムを外してみました。コラムと上のベアリングが触れる部分にヒビが入ってますやんか~(・。・;

でも、コラムはポッキリいかないようにケブラーを入れていたので、前方に半周ヒビが入ってました。ひび割れはステムにかかっていたので、ベアリングとステムの間に挟む蓋(名称知りません)を取り除き、ステムの上側にセット。これでひび割れはステムで挟み込んだことになるので応急処置にはなったでしょう。ここからはひたすらハンドルに荷重しないように気をつけながら走りました。段差も避ける努力はしましたが、なんせ視界不良なので、あきません。フロントの空気圧をかなり下げて、衝撃を最小限にして、下りではスピードをあまり出さんように、上りではハンドルを引かんように気をつけて帰りました。

ルートは初めて通る竹之内峠(国道166号線)。疲れてるので信号が少ない方がいいのと、最短距離に近いので、予め調べてました。

竹之内峠は水越峠よりも緩いと聞いていたのですが、コラムのひび割れのため、水越と変わらんくらい長く感じました。なかなか下りがやって来ません。緩いけど長いです。

なんとか上り切って、ゆっくり下って、石川を渡ってからサイクリングロード-大和川堤防と走り、吾彦大橋まで。ここは雨が止んでましたが、虫が凄くて、シールドはおろしとかないと虫が目鼻口に入って大変。薄暗くなっていたので、かなり視界不良でしたが、雨上がりで人も少なくて、車道を走るよりはマシでした。

あびこ辺りから再び雨が降り出し、乾いていた服はまたびしょ濡れ。

で、何とか帰宅。

 

187km、8時間13分。

こんなに走ったのはいつ以来かな?少なくとも昨年の5月以降は走ってません。

20150906_011_600x800

20150906_012_600x800 

吉野神宮からは2時間44分24秒で帰れました。所要時間です。

電車だと電車待ち20分として、1時間30分+自転車組み立て10分+走行10分=2時間かかります。44分差。大差なしでした。

20150906_010_600x800

とりあえず体重測定。54.3kg。1.2kgしか減ってません。飲み食いしたのは、微糖コーヒー2本とブラックコーヒー1本。お茶紙コップ1杯、牛丼、味噌汁、漬物。以上です。全然汗を書いてないみたいです。

とにかく、すぐにすいか1.3kgとごはん500gぐらい食って、備蓄用のごはんを5合炊いて、コラムの修理に取り掛かりました。
わかりにくいけど人差指と親指の間にひび割れがあります。軽量化目的でカーボン4重、ケブラー1重巻きにしたのが悪かったんでしょう。ケブラーをカーボンでサンドイッチしたのもまずかったんでしょう。真っ当にカーボン6重巻きで新たなコラムを作り直し。

20150906_013_450x800

20150906_014_450x800

そして、寝たのは0時。2時間してトイレに行きたくて目が覚めて、腹が減ったので、備蓄用ごはんを食べ始めたら止まらなくなり、5合炊いたごはんの残りが250gほどになってしまいました。

久々に6000kcalオーバーの食事(ToT)

ダイエットにはならんかったのかと悔やみましたが、体が浮腫んでいるのに、足の血管まで浮いてきている。少しは痩せたようです。

 

この記事へのコメント

  • 河合

    雨の大台ケ原試走お疲れ様でした!
    梵天○さん、中川さん、じゅんちゃんと
    悪天候ながら豪華なメンバーだったんですね~!
    身体の冷えに激しい腹痛、帰り道のコラムひび割れ・・
    読んでいても寒気がする位にハードな内容ですね(汗)
    無事に帰って来られて良かったです!
    大台ケ原に向けて身体の回復と機材の仕上げ
    順調に行きますように願っています!
    2015年09月07日 22:26
  • レッド

    河合さん
    みんな物好きですわ。
    普通試走と言えば車で行くもんやのに、全員自走とはね〜
    寒いのは、下山すれば解消されるので我慢できたんですが、コラムは折れないか心配でたまりませんでした。応急処置が効いたのか、割と安定してましたが、下りで折れたらお陀仏。めちゃ気を使いましたよ〜
    あれがなかったら2時間半かからずに帰って来られたと思います。
    ヒヤヒヤ試走でした(^^;;
    1時間14分26秒切りを狙っますが、明日と明後日でどこまで痩せれるかが勝負。木曜から3日間休んでみますので、あと2日が勝負。
    なんか乗鞍前より気合入ってません?(⌒▽⌒)
    2015年09月08日 00:18