赤ドグマ いきなり復活!

昨日の夜にパイオニアのメーターを探しまくりました。
30分以上、いや、1時間以上か?思い当たるところを数カ所探しても見付からない。
諦めて寝ようと思って、何となく、最近外しっぱなしにしてほったらかしのマウンテン用のフロントバッグの中を見てみたらあるじゃないですか!
最後に使ったのが7月2日みたいです。
それからどこかに放っていて、失くさないようにフロントバッグに入れたのを見付けてから思い出しました。

夜のうちに充電しておいて、朝起きてからクランク位置の認識作業や、ペダル取り付け、ゼロ点校正、ステム交換、ホイール取り付け、RDの調整など一式、2時間以上掛けて行い、パワータップとペダリングモニター両方が付いた赤ドグマができました。

ハンドルもステムも既成品。夜金剛用の懐中電灯とバイクに見せかけるためのCATEYEの300ルーメンのライト、パイオニア、ガーミン、ポラールのメーター、ダイナパックDX、サドルカバーと重量物いっぱい。フレームもフォークも重いので、持つとずっしりきます。黒ドグマやFELT F1とは全然違う。昨日乗ってたマウンテンよりも重いかも。

まあ、練習用のチャリの重量が重いのは大歓迎。重い方がトレーニングになります。人と競うわけじゃなく自分の心と競うのが練習なので、これでええんです。上りは遅くなりますから、しんどい思いをする時間が長くなります。

20151006_004_800x600 

赤ドグマに乗るのは、春以来かな?

赤ドグマを組んでて、今までで最高に出遅れました。家を出たのが仕事開始まで44分。ロードで普通に45分掛かる。飛ばすしかないやないかい!まあロードなら飛ばせば十分間に合います。全力で35分で着いたこともありますので。

仕方ないから急ぎましたが、踏み出した瞬間から他のロード(黒ドグマ、F1)とは明らかに違います。踏んだら踏んだだけ進みます。やっぱりDOGMA60.1は素晴らしい!普通に40km/h以上をキープできます(若干の追い風)。逆風区間でも35km/hは普通に出ます。しんどくないです。60.1はフレームガチガチです。黒ドグマの65.1は若干剛性が低いんじゃないかと思ってたのは、やっぱりその通りだと思います。未塗装の60.1がもう1台欲しい。けどもう売ってませんわね~

これだけ進めば、フレームが1234g、フォークが380gぐらいあったとしても、FELT F1よりも550gほど、黒ドグマよりも350gぐらい重いとしても、たかが知れてます。ペットボトル1本か缶コーラ1本程度の重さの違い。再びレースに投入してみたくなりました。

 

昼休みは新たなトレーニングを試してみました。比較的楽やけど効くであろうトレーニングを。昨日寝る前に運動生理学の本を読んでいて、今まで読み流していたところをしっかり読んだら、これは使えるかも?と思いました。

ついでに、ペダリングモニターとパワータップの出力比較も再開しました。出力比較の方は、データを集めないと何とも言えないので、1ヶ月ぐらい集め続けます。ペダリングモニターの方が高く出る(と言うか、パワータップが低く出る)のは確実ですが、今日は6分半と1分半で比較しただけなので差がどれくらいあるのかは確定できません。主に20分ぐらい全力で走り続ける峠のTTで比較します。堺浜も1周全力走を何本かデータを取ると比較できるかもしれません。

 

KOHが終わってから結構食いまくってます。KOHの日も含め、昨日までで9日間。おそらくアンダーカロリーだったのは1日だけ。無駄に食ってます。気が緩むと止められません。心が弱いのです。

昨日は大して運動もしてないのに、夜に子供らが二人ともいなかったので、嫁とフレンチを食ってきました。堺浜帰りに前を通ることが多いので、1年以上前から気になっていたお店です。
家からチャリ5分。帝塚山を越えて、住吉区の粉浜というところ。西成との境界です。メチャ近いのでええです。そこに行く途中の豪邸が建ち並ぶ帝塚山辺りには色々店がありますが、特別美味いと思った店は3店舗だけ。でも1つは原因不明の閉店(閉店する前に家に挨拶に来てくれたんですが、勝手な想像ですが危ない人らに追われているような気がしました)、もう1つは閉店してしばらくしてから別の場所で営業を始めました。土地が高いから家賃が高いのでしょうか?僕が住んでる地区と帝塚山辺りの高級住宅街は大通りを1本隔てているだけですが、道を隔てるだけで一坪30万値段が違います。もう1軒は韓式割烹(焼肉屋)で今も営業中ですが、値段もカロリーも高すぎて年に1回ぐらいしか行けません。

昨日の店は、ぐるなびか何かで調べたら味の評価は3点か4点が多く、そんな多大な期待はしてなかったんですが、食ってビックリ。お気に入りの心斎橋のル・クロも美味いけど、ここも美味い。ル・クロとは系統が違うフレンチですが、何一つ普通以下の味のものはありませんでした。
舌が肥えてない人たちの味の評価はぜ~んぜん当てになりません。ごく普通のもんでも美味いと言うし、美味いもんでも美味いと言わんし。何を食っても一緒なんちゃうやろか?と思ってしまいます。そんな味覚しか持ち合わせてないなら、スーパー玉出の売れ残りの弁当で十分ちゃいますの?スーパー玉出の売れ残り弁当も味は悪くないですよ。コンビニ弁当よりイケてると思います。夜に買って食ったら、翌日に腹痛と下痢が待っているだけで(^o^)

スマホを忘れていったので、嫁に写真を撮ってもらって、家に帰ったらデータを貰うつもりが、パイオニアのメーター探しをすぐに始めてしまったのですっかり忘れてました。また今週金曜にリピートするのでその時にでも画像を出します。

朝はレトルトカレーを2人前食う習慣がついてしまっていましたが、今日は我慢してベーグルパン1個だけにしておきました。これもやめて、プロテイン20gだけにしないといけませんが、いきなりはキツいのです。

夜も寝る前に脂質がほとんど入ってないアイスですが、果糖たっぷりのを5個以上食うのが習慣になってます。これもやめねば。ぶどう糖やデンプンはええんですが、果糖はグリコーゲンが足りているとほとんど脂肪になってしまいます。運動する前ならまだしも、寝る前に食うのはダメでしょう。わかってるけどやめれません。

今晩からやめます。

どれだけ太ったか確認するのに、今日は塩抜きをしてみました。17時現在57.4kgでした。塩抜きして水も抜いたけど、水分はどんどん飲んでるので水分過剰、グリコーゲンも過剰。
今期一番痩せていた乗鞍の当日はグリコーゲン過剰、水分適度で55.3kgでした。
2.1kg増ですが、水分過剰分を引くと1.5kgぐらい?太ったようです。3日で元に戻せますが、それをやるとしんどいし、リバウンドも必発なのでゆっくり1~2週間ぐらい掛けて戻します。

ここのところ3週連続下痢をしているので、吸収不良で食ったほどは太ってないようです。
最初は9月13日の大台ケ原のレース時の腹痛と下痢。おそらく前日食った刺し身による食中毒を疑ってます。治るのに数日かかりました。
次は9月24日に食ったサーティワンアイスに含まれる乳糖による下痢。27日のレース当日の朝まで続きました。アルコールと一緒で、乳糖も食い続けてるとある程度耐性ができるみたいですが、ずっと食ってないとただの下剤にしかなりません。
次は10月4日夜~5日の朝の腹痛と下痢。原因不明。日曜の昼は下痢するようなものは食ってません。夜は嫁の作った料理と、買って解凍したばかりの鮭ハラス。家族は誰も下痢してないので、鮭ハラス以外考えられない。食後のデザートにアイスは10個ぐらい食いましたが、下痢をする可能性はあっても腹痛は絶対に起こしません。

大して太ってないけど、その分練習も満足にできてないので、かなり弱ってます。

 

今夜は堺浜練。
新たなトレーニング第二弾を3周ぐらいと、体力が残っていたら河合さんからの逃げと、エネルギーが切れたらダイエット走で10周ぐらいは走っておきたいところ。

この記事へのコメント