丹波篠山味まつりツーリング

TGRでは毎年恒例らしい丹波篠山味まつりツーリング。大師匠からお誘いを受けて、「日曜は遅くまで寝たいしなぁ。チャリに乗りたくないしなぁ。やらなあかんこといっぱいやしなぁ。」と、ほんの数時間悩みましたが、たまにはのんびりツーリングもええかと、参加させてもらうことにしました。

そんなに速いペースでは走らん。一番遅い人に合わせる。とのことでしたので、重い赤ドグマで、エネルギーも水も蓄えて補給いらずの状態にした重い体で、ダイナパックDXも付けて、丹波黒豆枝豆と栗などを買って帰るための下山用に使っているリュックとSPDシューズとガーミンVIRBも付けて準備が終わってから寝ました。

集合時間は8時に西宮。安田先生宅集合。家から25kmほど。家から森屋と同じくらいの距離。だから、時間は1時間5分あれば着く。道に迷うのが5分。6時50分に出れば良い。なら、6時に起きれば良い。

前日は10時半頃寝たのかな?先週月曜の未明から睡眠時に襲ってくる腰痛で、ものすごい寝不足続きです。腰が痛くならんことを祈りながら寝ましたが、あきまへん。5時20分頃やったかな?腰の激痛で目が覚めました。ただ、前日整骨院で治療してもらったので、これまでよりも若干マシ。6時まで寝ようと努力しましたが、5分ほどウトウトしただけで6時になってしまいました。この40分間に体の向きをあれこれ入れ替えていたので、起きてすぐ動けましたが、痛いもんは痛い。サッサと用意ができません。エネルギー満タンなので朝メシは食いません。タバコのアテに缶コーヒーのブラック(金曜の当直前に西成価格の60円で買った残り物)を1缶飲んで、用意をしてたら6時50分になってしまいました。慌てて出て行きましたがスタートは5分遅れ。

新なにわ筋から国道2号線を通るルートで行きました。
休日早朝の新なにわ筋は空いてますね~
お陰で目一杯飛ばせました。淀川を渡ってしばらく走ると前に見慣れたジャージを着た人が見えました。必死こいて追いかけたらナカジさんでした。
これはラッキー!道に迷わなくて済む。そのままずっと後ろにつかせてもらいました。

みんなが集まって、先生以外水曜のぶどう練メンバーですやん(^_^;)
参加者は以下の5名。

安田先生:乗鞍でお会いしたことしかないですが、体格が良いのに1時間20分ぐらいでは知られるとのこと。平地ではかなり速いと思われます。

兼松大師匠:トップクライマーです。それ以上書く必要ないでしょう。

片岡さん:30代前半で乗鞍10位ぐらいのレベル。女王松本さんの弟。

ナカジさん:いつもメジャーレースで優勝まであと一歩。今年の美ヶ原は2位。

ジュンちゃん:チャリ歴1年にして昨年の乗鞍で年代別2位。僕よりタイムは速いです。今年の大台ケ原でも、ショップのミスによる整備不良車で僕の自己ベストを2分半上回りました。

これはえらいことになるの確定。大師匠はfunrideと言ってましたが、通勤で信号待ちや遅い車の後ろについて走るのも含めて普通に平均280Wとか出して、イマイチと言っている大師匠にとってはfunrideであっても、下っ端の僕にとっては十分ガッツリライドでした。

今まで、自分よりちょっとぐらい速い人とはロングに行ったことはありますが、大概先頭で風除けになってました。今回のように明らかに速い人数名と一緒なんて初めての経験です。先頭に出ることはほとんどないでしょう。出たら遅くて迷惑です。

 

まずはコンビニで補給だそうです。あんまり食いたくないけど、道中補給する場所がないそうなので、仕方なく大福を2個買って1個だけ食べました。残りの1個は夜食になりました。

20151011_004_800x405

道中は、上りで置いて行かれ、平地で必死こいて付いて行き、下りで休憩ってパターンが多かったです。

篠山市に入る手前の西峠のTTです。(他の動画はYouTubeから勝手に見てください。)
ずっとマイペース。最初斜度が緩いのと、いつもスタート時は出力が上がるので全員抜きましたが、4分過ぎに、ジュンちゃん、大師匠、ナカジさんにサックリ抜かれ、1分後には遥か彼方に見える程度になり、10分ぐらいかな?長い直線で、かすかに先頭2人の姿がチラッと見えたぐらいで、ほぼ一人旅でした。あの抜いて行くときの3人のスピード何なの?40代の年代別じゃ、こんなに一気に抜かれることありません。抜かれても付いて行けます。
こんな15分前後の短距離で、大師匠とジュンちゃんからは約2分も遅れていたそうです。

西峠TT
YouTube: 西峠TT

少し下って、動画の最後に写っている栗や枝豆を販売しているところで柴栗発見!小粒で美味い。ってのは覚えてますが、どんな味やったか忘れてました。昨年息子に教えてもらったんですが、柴栗は野生種で、他の大きな栗は品種改良されたものらしいです。帰ってから調べたら、柴栗と丹波栗(丹波篠山で一般的に販売されている栗)は学名が違います。丹波栗は固定された品種らしく、独自の学名があります。柴栗は、・・・・・・ ・・・・・・ japonicaという学名。

そんなことは置いといて、柴栗が売ってるなんて珍しいので、帰りに売り切れてたら困るので1袋買いました。黒豆の枝豆も一袋買いました。重量負荷です。柴栗は1kgぐらいで値段は忘れましたが、500円か600円やったかな?後から買った丹波栗のMサイズが1200円で、これも1kgぐらいやったと思います。帰った時にちょうど外にいた向かいの家の人に半分あげたので、よくわかりません。どちらも手に持った感じの重さはおなじくらいで、丹波栗を半分あげて、合計で1.5kgぐらいでした。
帰ってから味見したら、柴栗は甘い。後味にも深みがある。丹波栗は普通の栗の味で、一応栗の風味はあるけどもスーパーで売ってる栗と差がない。

あとは下り基調で楽々。味まつりの会場が近づいてくると車が大渋滞してました。

チャリはそんなもん関係なく進めて楽ですね。

 

会場(篠山城跡)の様子

20151011_006_800x600

20151011_007_800x600

20151011_005_800x600

20151011_008_800x600

 

これは牛1頭を丸ごと解体しながら販売していくパフォーマンスらしいです。画像左のテントの後ろにできている行列がその牛を食いたい人達。赤いテントの横から白いテントの向こうを回って、焼けた牛を配っているのが白いテントの左側。そこまで並んで時間を無駄にして、パフォーマンス用の肉を食いたいんかなぁ~
僕なら、堺東の阪本精肉店で黒毛和牛の切り落とし、激安激ウマの100g298円の方が食いたいです。

20151011_013_800x600

色々食ったけど、特別美味いものはなし。それなりにイケたのは、おからドーナツと黒豆ごはん。大失敗だったのがカレーと牛串焼き

これ、詐欺です。文句は行ったけど、兄ちゃん苦笑いしただけ。こんなもんで700円もします。ごはん冷めてます。味はククレカレー以下。キーマカレーってひき肉たっぷりなんですよ。普通は。

20151011_015_800x600

20151011_016_800x600

 

ホンマに黒毛和牛か?と疑ってしまくくらい硬い丹波篠山牛の特選ロース串焼き1000円。

20151011_019_600x800

20151011_020_600x800 

 

黒豆ごはんは美味かった。奥に写っている松茸ご飯は普通の炊き込みご飯。松茸の風味なし!

20151011_029_800x600 

これもしょうもない味でした。牛トロ丼900円。

20151011_027_800x600

味覚のセンスを疑うようなものが大半でした。

みなさんはまったりしてはりました。

20151011_034_800x600 

これは美味かった。でも予想通り夜にはおなら出まくりでした。なんせ乳製品ですから。

20151011_035_600x800

20151011_036_600x800 

帰る直前の、自転車置き場(勝手に自転車置き場を作った)にて

眠る大師匠

20151011_037_600x800 

帰り道に栗の買い出し
最年少のジュンちゃんは、自分は何も買ってないのに重量負荷させてもらってました。
大師匠はハンドルに柴栗と丹波栗を1kgずつ左右にぶら下げて、僕のマウンテンのフロントバッグをつけた時のような重さになってました。

20151011_038_800x600 

みなさんは、一度先生のお宅に戻って、歓談してから帰るとのこと。

僕は4時には帰りたい。帰り道は行きとは違ったルートで、国道176号の阪急池田駅近くを通ると聞きました。それならそこから大阪駅まで一直線ですやん!

と、昨日書いた通りのルートで帰りました。

阪急池田~十三手前までは、30年近く前とあんまり変わりませんね~
信号のタイミングまで一緒ですやん。20歳の頃は原チャリでよくうろついてた所です。

 

TGRの皆様、お世話になりました。また来年も暖かくなったらお世話になります!

この記事へのコメント