無駄遣い その1

むかーしむかし、日本橋で衝動買いしたGoPro HEROが壊れて動かなくなりました。32000円ぐらいしたと思うんですが、数回しか使ってません(・_・;)

国内正規品ですが、購入証明書・保証書・レシートなどは一切残ってなくて、それを証明できなければ、日本では修理してくれないそうです。諦めました。

GARMIN VIRBがあるのでまあええんです。

しかし、GoPro HERO4 Sessionという、カタログ値本体重量74gという超軽量で防水ケースのいらんカメラが少し前に発売になったのを知りました。

国内正規品を送料込みで定価の45144円で買いました。

割引なしで買ったのか?そんなアホなことしません。

楽天のポイント倍付を利用しました。

今やってる10倍ポイント、店舗独自の10倍ポイント、エントリーしたら3倍ポイントという企画、スマホアプリから買うと3倍ポイント。全部合わせたら26倍ポイントですが、これにはちょっとしたトリックがあって、基本の1倍ポイント(100円に付き1ポイント=1円相当)込みの倍率なので、実は、1倍+9倍+9倍+2倍+2倍=23倍ポイントとなる訳です。

つまり、まとめて計算すると、23%引きの34760円となるところですが、端数処理の問題で34771円で買ったことになります。

VIRBも38300円のところを31000円ぐらいで買ってます。

無駄遣いしすぎですが、軽量化マニアは軽いものに弱いのです。

GoProは、息子がメインで使うのでええんですけど。僕が使うのは1時間10分ぐらいで終わるようなレースのときだけ。ただ、八ヶ岳と蔵王は気温が低いとバッテリーの持ちが悪いのでVIRBを使うと思います。

VIRBは自作のマウントを使っても200gぐらいになってしまいますが、GoProは軽い。市販のマウントを使ってもこの重さです。

20151015_016

本体だけならこれだけ。マウントを接続するためのカバーを付けて84gぐらいでした。

20151015_014

カーボンで自作マウントを作れば全部で100g程度で済むでしょう。

GoProの欠点はGPS機能がないこと。ガーミンやパイオニアのデータをシンクロさせるのが面倒ですし、VIRB Editでは上手く保存できませんが、河合さんに教えてもらったDashWearというフリーソフトを使うとメーター入りの動画が作れます。

 

広角で撮影したら周囲が変に歪みます。

当直帰り 1080p 30fps-WIDE
YouTube: 当直帰り 1080p 30fps-WIDE

 

広角じゃない方がチャリの走行時の撮影にはいいかも。

通勤スタート 1080p 30fps-MEDIUM
YouTube: 通勤スタート 1080p 30fps-MEDIUM

満充電で1080p 30fpsで撮影してみたら、カタログ値2時間5分に対し、2時間14分1秒撮影できました。これならVIRBと大差なし。VIRBはカタログ値3時間に対し、実測撮影可能時間は2時間20~30分ぐらいだったかな?前に書いたけど忘れました。

20151015_001この値段、国内正規品価格です。

この記事へのコメント