ペダリングモニターとパワータップG3の出力比較 秋編

初夏の頃は15Wぐらいの差があったペダリングモニターとパワータップ。

涼しくなって少し差が縮まってきました。

ロードで使っているパワータップは夏場はごっつい低い値が出る。冬は高く出るような気がします。

昨日のデータ

まずは金剛山でほぼ上りだけ21分30秒で

ペダリングモニター231.9W パワータップ228Wでした。大差なし。

 

ド平坦の堺浜。

信号で停止したくないので脚を止めたり急加速したりしてましたが、突然差が大きくなりました。堺浜に着いて、パワータップの方は何度か校正を行って、同じ数字が出るまで繰り返し、ペダリングモニターは1回だけ校正。
最初の4周はウォーミングアップ、5周目から河合さんからの逃げが始まり、最後から2周目は21時を過ぎて信号のタイミングが変わり、急いでも間に合わないので9分ジャストを狙って走りましたが、速すぎたので信号手前で超ノロノロ運転(脚は止めてませんが時速10キロ以下)、ラスト1周は9~10分で走れば信号が青で通過できるので、3/4周を平均200Wぐらいで走り、1/4周をダラダラ流しました。ラスト2周は比較から除外した方がいいかもしれません。

突然差が大きくなりました。ガーミンの自動のゼロ点校正がかかったのかもしれません。
オートゼロってのにチェックを入れてますので。

Photo

今思ったんですが、ラスト2周は9分で信号が青になるなら、7分30秒ぐらいで走ると1つ前の信号をパスできるのかもしれません。来週やってみよ!

って、簡単に書いたけど、260Wぐらい必要かも?厚着になったら空気抵抗が増えるので無理かも?

この記事へのコメント