ペダリングモニターとVectorの比較他

昨日は休日なのでチャリ練はオフでした。当直先への移動2kmだけ。

パン作りをしながら、当直に出発するまでほぼ1日中キッチンまわりの作業。

外はパリッとしてて、中はフワフワのパンを作るべく、あれこれ試してます。

焼く温度や時間、発酵温度、発酵時間、捏ね方、水分量などなどあれこれ変えてみましたが上手くいきません。

強力粉だけではどうしてもできないので、昨日は薄力粉を混ぜてみたり、米粉を混ぜてみたりしてました。一次発酵だけのも少スケールで作ってみましたが、全然ダメ。

強力粉:薄力粉=2:1が今までで一番良かったけど、理想には程遠い。
目指してるのはミル・メルシーさんで出てくるパン。
チャレンジはまだまだ続く。

次の予定は、フランスパンのように捏ねを最小限にしてみることとか、発酵を室温で時間を掛けて行うとか。考えだしたらキリがない。

 

左は米粉入り、右は薄力粉入り

20151118_002_800x600

20151118_006_800x600

もっと気泡を大きくしてスカスカにしたい。

20151118_004 

夕方、娘が高校から帰ってきて、パン作りをするというので、レシピを紙に書いてザックリやり方を教えてやりました。時々見てると手先の動きがまだまだ。焼き上がるまでは家にいなかったのでわからんし、今朝帰ったらもういなかったので本人にはでき具合はどうか聞けませんでしたが、嫁によると「ビミョー」だったんだそうです。

 

冬用のロードシューズを買いました。

ヒュエズなんて寒すぎて冬には履けません。

これまでは冬は登山靴風のSPDと決めてたんですが、Vectorを使い出したのでどうしてもロード用シューズが必要。

適当に暖かそうでそれなりに軽そうなのを買いました。MavicよりもGIROの方が足首部分の前後幅が広くていいです。クリートなしで片側200gチョイ。
分厚い靴下を2枚重ねで履くことになるので、ワンサイズ大きいのを買いました。真冬にはカイロも入れんとあかんしね!

20151117_028_600x800 

さて本題のペダリングモニターとVectorの比較。

20分少々のTTでは、1W差と4W差。250W付近ではペダリングモニターの方が大きい。

今日は比較のやり方を変えてみました。朝と昼のデータをGolden Cheetahに落として、1秒毎のデータから0Wを除いた数字の全ての平均をとってみました。オートストップはオフにしているので、止まっているときのデータも記録されています。

朝の金剛山通勤では、何度もVectorの校正を行いました。ペダリングモニターはチェックだけ。いつ見ても0±1なので、校正の必要なし。
平均値は、ペダリングモニターが150.90W、Vectorが146.73W。4.2Wほどの差でした。

昼のダイエット走は、出発前にVectorを一度だけ校正しました。ペダリングモニターはチェックだけ。
平均値は、ペダリングモニターが144.87W、Vectorが143.68W。1.2Wほどの差。

ほとんど差がありません。

TT以外の画面に出てくるラップパワーは、5~10Wぐらいペダリングモニターの方が大きいんですが、実際計算してみたらそんなに差はない。どちらも0Wを除外して平均する設定にしてあります。

この差はどこから生じるのか不明ですが、Vectorならペダリングモニターの代用にできると確信が持てました。

パワータップみたいに駆動系の摩擦ロスで出力が変化することもないし、付け替えも3分でできるし、使い勝手がいいです。ただ、SPDシューズマニアには、歩きにくいロードシューズを履かされるのがちょっとイヤかな?

一般的にロードシューズはコケても外れにくいもんですが、SPD、Vector、TIMEのiClicは知らん間に外れてます(ということは、全てのペダルでコケた経験ありってことです)。ただ、どのペダルもクリートの固定を一番緩くしてるのが外れやすい理由かもしれません。
いずれにしても、コケても勝手に外れるなら、安心して履いていられます。

この記事へのコメント