本日のお料理

ダイエットのことは明日書きます。仕事中以外に書くのはめんどくさい。

今日は休日なのでチャリもお休み。

CRCで勝ったマビックのロード用ブーツの再配達を午前中に依頼してたので、8時半に起きて料理をしてました。

残り物処理とダイエット食を作ってただけなんですが、1日がかりでした。

作ったもの

白あん

いちご大福にハマってから、自分で作ろうとずっと思ってました。白いんげんを通販で買ったので初挑戦。北海道産とアメリカ産ともう一つ外国産を買いました。

今日はアメリカ産でやってみました。

Img_6535_600x800

クックパッドを見ると、皮を剥けと書いてありました。少し剥いてみました。

Img_6534_600x800

が、ごっつい手間。白あん作りには欠かせない裏ごしもやりかけたけどごっつい手間。

そこは要領で生きてきた人間、別の手段を考えます。皮を柔らかくするために圧力鍋に登場してもらい、先を液体に突っ込んだらミキサーの刃みたいなのが猛スピードで回って粉々に粉砕してくれる機械を使ったら、皮まで見事に粉々になりました。裏ごしした以上になめらかな舌触り。

クックパッドはみましたが、レシピはオリジナル。
よくあるレシピは白インゲンに8割の重量の砂糖だけ。そんなに砂糖入れたら甘すぎます。
白インゲン豆250g、ブドウ糖200g、塩6g

このレシピもブドウ糖は豆に大して8割重量ですが、ブドウ糖は砂糖の甘さの半分。甘味の質も違ってあっさりした甘さです。トレハロースも入れたろかと思いましたが、探すのが面倒なので今回はパスしました。次は入れてみます。
以上。
砂糖はいらんもん(果糖)がが入ってるので使いませんでした。甘さ控えめ、塩で甘さを引き立てめちゃウマい。いちごを買ってきて大福の餅を作ったら、河月堂よりも美味いいちご大福ができそう。

Img_6547_800x600

粉砕するのに水を多めに加えたので、水分を飛ばすのにだいぶ時間がかかりました。最弱の火力で2時間ぐらい。
やや弱火で混ぜ続けてる暇なんぞございません。

 

同時並行で粒あん

小豆を250g茹でて、100g分と煮汁を赤飯に回して(息子のリクエストがあったので)、残り150gとブドウ糖150g、塩4g
以上。
粒あんなので粉砕はいりませんが、押しつぶすのに汗だくになりました。

Img_6537_800x600

焼いた餅を水でくっつかないようにし、あんこを包んで大福風にして食ってみました。

Img_6557_600x800

Img_6558_600x800 

白あんも同じようにしてみましたが、白あんの方が好きです。

日曜はいちご大福作りに決定!

 

次はレンズ豆の煮物

Img_6536_800x600

随分前に買って残ってたのに最近気づいたので、ダイエット食にしました。
元々はカレーに混ぜるのに買ったんですけど…

圧力鍋で15分煮て既に原形を留めず。だし醤油と自家混合のエリスリトール+スクラロース+アセスルファムK(シュガーカットの4倍ほどの甘さ)を少量入れてできあがり。

今日の晩メシの一部です。

 

次はジーマーミー豆腐

10月の初め頃かな?鍋谷峠手前にある農産物直売所で買った生落花生が食い切れなくて、茹でて冷凍してありました。カロリーが高いのでなかなか手を出せず。

先日小スケールでジーマーミー豆腐を作ってみたら、石垣島で買った結構美味いジーマーミーに勝ってる!家族の評判も良かったので大量生産してみました。

容器は昆虫飼育にハマっていた頃に買った幼虫飼育容器:業界用語でプリンカップと言います。本来惣菜などを入れるための容器です。

皮付きのまま使います。ホンマは皮を剥いて、茹でてミキサーにかけて、布で濾すらしいのですが、そんな邪魔くさいことしてられません。皮ごと粉砕機で粉々にしました。粉砕汁はざるで濾しておしまい。皮の一部らしきものがほんの少し残るだけ。

レシピ:茹でた生落花生300g、キャッサバでんぷん(タピオカ粉)100g、水1200g

タレは、醤油30g、マンジョウ本みりん30g、三温糖20g、シマヤの無添加だし かつお1袋(だしは半分でもなくてもいい)

このレシピおススメです。タピオカ粉を使うのがポイント。葛粉でもいいらしいけど高い。馬鈴薯でんぷんで作ると食感最悪。片栗粉もダメ。片栗粉って馬鈴薯でんぷん?トウモロコシでんぷん?とにかく、でんぷんと名前は同じでも、由来する植物によって分子量が違うらしいです。タピオカはプルンとしてとろけます。わらび餅を作るのも、市販のわらびもち粉じゃなくて、タピオカ粉を使いましょう!

落花生は、塩味の付いてない乾燥落花生でもいけますよ~

Img_6545_800x600 

混ぜながら弱火で煮ます。とろみがついたらできあがり。そこからさらに表面に膜が張るまでしつこく煮込んだらいいという説もあるのですが、これで十分。
冷めないうちに容器に取り分けておしまい。

Img_6546_800x600

おやつにしてみました。

Img_6556_800x696

70gが21個半できました。皮ごと砕いて、おからを取り除いてないので茶色いです。おからを濾しとらん方がピーナッツ味が強く出て美味いです。
1個当たり60ml、70g、58kcalです。タレがスプーン2杯で15kcal。

Img_6548_800x600

最後は赤飯。画像は取り忘れ。

味にうるさい息子好みに仕上げようと、もち米750gに水4合ぐらいにしてみましたが、まだ柔らかめ。やっぱり赤飯は蒸した方がいいですね。でも、めんどくさいので何とか炊飯器で上手くできる方法を探してます。

いつもは重曹を入れて黒っぽい赤飯を作るんですが、今日は市販されてるレベルの赤さでとどめました。重曹を入れなければ普通の色です。小豆の色素はアルカリ性で変色するのかな?それとも炭酸イオンが何かと結合して色が出るのかな?そこまで追及してません。赤飯を手っ取り早く赤くする方法は大学生の頃(薬学部の方の3年か4年かM1の頃でした)に発見しました。重曹を入れる量で色の濃さが変わります。

さて、明日からはトレーニングとダイエットの両立というしんどい3日間がまた始まります。

はやく日曜になってほしいわ~

いちご大福を作りたい

この記事へのコメント