正月休みのまとめ

12月31日まで仕事でした。休むことは可能ですが、その分給料を減らされるので休みません。
休まないので、今の仕事を始めてから年末年始の感覚がどんどんなくなってきてます。

まずはおせちの話

今年はおせちを4種類購入しました。
家族用は2種類、残りは自分の道楽。美味いと言われている料亭のおせちの味見です。

大晦日の晩メシに1種類食いました。
Facebookで9千円台とか大ウソを書きました。別のと勘違いで、早割を使って4000円引きの13800円でした。9月中に注文したら値引きがあったと思います。

京都祇園 料亭「岩元」監修おせち 匠

Photo

20151231_002 

結構良かったです。デザート系の甘いものが多かったのが△

 

次は元旦の朝メシ
家族用:たん熊北店 16200円
いつもは三段重の27000円ぐらいのを買いますが、嫁から文句が出たので今年は二段重の安い方にしました。4人で食うにはかなり少ない。

20160101_007_800x604

美味いのを知ってるので、最初ほどの感動はなかった。それでも和食3種の中では飛び抜けている。

 

自分専用:三千院の里
1人前が2つで9720円。

20160101_015_800x549

和食系3種類の中で一番格下。でも美味いですよ。他の2種類と比べたら少し落ちるだけ。

Photo_2 

そして、今年一番のおせちは、ミル・メルシーさんのおせちでした。過去最高です。
32400円で味はコースディナーと変わりなく、量もたっぷり。4人で食ってみんな満足するくらい。細かいところにも配慮してくれていて、さすがでした。

20160101_020_794x800

20160101_031_800x546

 

例年通り、元旦夜に瞬間最大体重を記録。ほとんど塩分の摂り過ぎによる水膨れですが。

20160101_053

今朝の体重は、上限までカーボローディング済みで62.0kgでした。グリコーゲンからっからにすると、59kgです。

 

次、チャリ練

基本的に休日は乗りません。時間がもったいないので乗りたくありません。しんどいことをするのは仕事のある日だけで結構。

しかし、正月太りを回避するために仕方なく乗ってみました。

1月2日は鍋谷TTと往復ダイエット走

重いので、276W出してるのに23分2秒もかかりました。

昨年の9月、軽かったときに271Wで19分52秒で走ってます。271Wはパワータップ出力なので、ペダリングモニターやVectorなら280~285Wぐらい出てたんでしょうね~

総重量差は約7kg。5~10Wほどパワーダウンして、7kg重くなって3分10秒遅くなりました。

まあええんです。軽くなれば速くなるってこと!

 

1月3日は金剛詣に出掛けました。ダイエットメインだと面白みに欠けるので、以前やってた3本練をやりました。

森屋から全力20分走 287W
トンネルまで戻って、ロープウェイ乗り場まで、前半ダイエット、後半上げて12分25秒で246W
小深まで下り、金剛トンネルまで18分24秒255W
五條まだ下って再び金剛トンネルまで25分20秒251W

以前と出力はあまり変わりませんが、タイムが大幅に延びてます。

まあ、ええダイエットになったということで。

 

最後に年賀状のこと。

2年前から年賀状を来た人にしか出さないことにしてます。正直、こんな悪しき習慣からサッサと足を洗いたいのです。出さないと失礼になるような上司はいないし、元上司などはもうどうでもええんです。

元々年賀状はやめたいと思ってたんですが、今の仕事になってからそんなもん書いてる時間がなくなり、一気にやる気が失せていました。時間の無駄です。

用のある人には直接連絡すればいいだけの話やし、二度と会わんと思われる人には挨拶など必要ない。

こんな極端な考え方は元々持っていましたが、実行に移すようになったのは、おそらく4年半前の事故のせいじゃないかと思っています。前頭葉が左右潰れて抜けている。どっちがどっちか忘れたけど、片方が直径4cmほど、もう片方が1cmほど。それに、4cm前頭葉が抜けている方と同じ側の側頭葉前部も少し潰されている。
こんな脳の状態で、普通に生活できてるのがおかしい。何か障害が残るのが当たり前。その障害が嗅覚障害(かなり回復はしてますが)と考えたことを実行してしまうこと。それに、睡眠時間が長くないと耐えれなくなったこと。精神的ストレスに耐える能力が落ちたこと。
今思い当たるのはこれくらいでしょうか。

他にも色々ありそうですが、目立たないだけでしょう。

今年年賀状をくださった方々には、年賀状以外の手段でお礼の連絡をします。
すいませんm(__)m

 

そろそろ本気でダイエットせな・・・

この記事へのコメント