eTAPにビッグプーリーケージを取り付ける

シマノが主流な自転車界

SRAMのeTAP用ビッグプーリーを買ったけど取り付け方がわからない

セラミックスピードのビッグプーリーにも説明書がなかった

一般的には
取り付け方がわからないと自転車屋に持って行く
そして無駄金がかかる

自転車屋にとっては無駄ではない
儲けである(自転車屋さんごめんね〜恨みはないんですよ〜)

消費者からすれば無駄である

まあええわ

無駄と思わん人、面倒な人、不器用な人はそうしてください

自分でやりたいのにできない人のための整備講座みたいなもんです

eTAPを買いました
7月5日に届いてました

セラミックスピードの17T-17Tビッグプーリーは1か月ほど前に買ってありました

さて取り付けです

ネットで検索してもやり方を書いたのはほとんどヒットしません

機械式にあるプラスネジに相当するものがどこにあるかわかりません
困った(; ̄ェ ̄)

ヒントになったのはある方のブログの以下の文言
この方、自分ではやってないみたいですが説明を書いてくれてたので助かりました

ディレーラーの裏側にある小さな窓の蓋を開けて、

プーリーゲージを留めている小さな金具を細めのラジオペンチで取り外せば

プーリーが外れます。


さあやりますよ!

この蓋を外すんです
IMG_3820.JPG

工具はビッグプーリーに付属していたトルクスレンチのT6ぐらいやろか?
メチャ小さい
IMG_3806.JPG

ネジをナメないようにゆっくりと外しました
IMG_3822.JPG

金属が見えます
先の細いもので引っ掛けたら出てきます
力はいりません
留め金です
ヒントがなければこれを外すのに勇気がいりました
IMG_3823.JPG
IMG_3825.JPG
IMG_3785.JPG

するとディレイラー本体の中にあるバネが見えました
IMG_3786.JPG
IMG_3787.JPG

純正品(右)との比較
IMG_3789.JPG

このネジを外しておきます
(外さなくてもできますがちょっとしたコツが必要)
IMG_3790.JPG

穴が3つ
チェーンのテンションをどうするか?Hは高テンション
Lは低テンション
Mは真ん中
IMG_3792.JPG

バネの突起をLに差し込んでみました
とりあえず
何でか?
Lを選んだ理由はありますが、変速性能が落ちる可能性、チェーンが暴れる可能性が高いのでHかMが無難かと思われます
IMG_3832.JPG

矢印方向に圧迫して
バネが見えないようにし
IMG_3833.JPG

先ほどの留め金を差し込みます
IMG_3834.JPG

そして蓋をするんですが、ネジの進む方向は斜めです
まっすぐ締めようとしてもネジが進んで行きませんでした(^^;;
IMG_3835.JPG

蓋ができた
IMG_3798.JPG

この向きにしてディレイラー本体を時計回りに回転
IMG_3801.JPG

この穴が見えるようにする
IMG_3800.JPG
しかしこの状態を保持するのはかなり力がいるか、手が痛いかのどちらか

バッテリーを取り付け、黄色の2点で支えると力はいらんし手は痛くない
IMG_3839-164f9.JPG

そしてネジを取り付ける
IMG_3803.JPG

出来上がり
IMG_3805.JPG

ただいまこの状態
IMG_3842-d0b91.JPG
月曜に買ったFELT FR FRDに取り付け中

実は機械式は10速を使ってまして、eTAPは11速なのでフリーを交換しないといけないのでここでやめました

11速用パーツは揃ってるんですが、そんなにギアはいらんので今までずっと10速でした

これからは11速になりそうですが、機械式のリアの11速用ダブルタップレバーが1つしかないのよね〜

ロード1台は10速のままにしとくのもありかな?

なんで10速か、もう一つ理由がありまして、SRAMの10速はロードとMTBのリアの変速は完全に互換があるんです
ワイヤーの引き量も同じなんです
9段変速して28mmぐらいワイヤーが動きます

ロードに36Tのスプロケを付けたければ、MTBのRDを使えば良い

逆にMTBでヒルクライムレースに出るときなんか、そんな大きなギアがいらないコースだとロード用のRDも使えます

数年前あざみにMTBで出たとき、フロントシングル32T、リア11-26Tにしました

MTB用のXXのRDよりロード用のREDのショートケージのRDの方が30gほど軽いし、26TにXXは必要ないのでMTBにSRAM REDという組み合わせでいきました

この記事へのコメント